岐阜の工務店 岐阜情報

モデルハウスの見学で見るべき4つのポイント『購入者目線で解説』

更新日:

モデルハウス見学で見るべきポイント

「モデルハウスの見学で何を見れば良いんだろう。そのモデルハウスを建てた工務店の良し悪しが分かる部分を教えて欲しい。ついでに家を建てるのに重要な点も分かれば嬉しい。」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の紹介メディアMamaSukiです。岐阜市の工務店へインタビューをして、モデルハウスも写真を撮りつつ見学をさせてもらってます。

モデルハウスはあなたの家を建てる際の参考になります。オシャレさだけに感動してはいけません。将来のことを考えて住みやすい家について考えることが重要です。

 

当記事の内容はこちら

  1. モデルハウスの見学で見るべき4つのポイント
  2. モデルハウスの見学で便利な持ち物について
  3. モデルハウス見学時に営業マンに質問した方が良いこと
  4. モデルハウスの見学時の各種疑問に答えます。
  5. 『体験談』私が実際にモデルハウスを見学した内容を紹介します

 

当記事を見ればその工務店の家についての考え方、アフターフォローの姿勢も分かります。家を買うのが不安なあなたは当記事をご覧ください。

スポンサーリンク

1.モデルハウスの見学で見るべき4つのポイント

  1. 安全性は確保されているか『育児で重要』
  2. どの部屋も寒くなく暑くないか『断熱材』
  3. 独自のこだわりがあるかどうか『自然素材など』
  4. 収納は確保されているか

上記4つです。

モデルハウス見学は数時間かかります。時間も体力も消耗します。

「ここが良いな。」と思う工務店を3社厳選して見学することをオススメします。

ポイント① 安全性は確保されているか『育児で重要』

アイアン手すりの吹き抜け育児家庭は安全性を考える

これから育児をする・現在育児をしている家庭は子どもが安全に過ごせる家を作ります。モデルハウスで『危険な部分はないか』を確認しましょう。

例えば吹き抜け構造の階段の手すりがアイアンだと危険です。子どもが落ちる危険があるためです。

 

ベランダのフェンスの隙間ベランダのフェンスの隙間も危険

ベランダから子どもが落ちる事故がニュースになりますよね。ベランダの壁は高い方が安全です。

子どもは1度の事故が取り返しのならない事態になります。オシャレさよりも安全性を考えて家を建てましょう。

※ベランダに閉じ込められたりするとどうにもなりません。そういう危険も考えるべき。

関連記事 『要確認!』子どもが鍵を開閉できるベランダ扉の注意点について

ポイント② どの部屋も寒くなく暑くないか『断熱材』

床に近い部分の暖房床に近い部分の暖房

空調を止めてもらってどの程度の気温になるかチェックしましょう。断熱材がしっかり入れられているか判断するためです。

エアコン1台のみ稼動させて耐えられる気温になるのかをチェックするのもオススメ。断熱材がしっかり入っていれば吹き抜け構造でもリビングのエアコン1台『20度設定の暖房』でまかなえます。

季節にもよりますが、試す価値はありますよ。

基本的にモデルハウスは空調で快適な温度になっています。それを止めれば『吹き抜けは寒い』という構造的な問題も分かります。

空調が使われている状態でも各部屋に暑い・寒いがないかをチェックします。例えば風呂場の脱衣所が寒ければ困っちゃいますよね。

編集部
家って目に見えない部分の方が大事です。外観だけに目を奪われないで、住み心地の良し悪しを考えましょう。

ポイント③ 独自のこだわりがあるかどうか『自然素材など』

タイルを使ったキッチンタイルを使ったキッチンと職人さんが作ったオリジナルの収納

工務店にはそれぞれ独自の得意分野があります。

 

  • 自然素材を使っている
  • 外国からの輸入素材を使ってオシャレに仕上げている
  • 和系の家が得意

 

みたいなことですね。

よほど悪質な業者でない限り『普通の家』はどこでも建ちます。違いを出すには工務店の独自性が必要。モデルハウスには必ずその工務店の『武器となる部分』が使われています。そこを見ておきましょう。

当記事を書いている私は『自然素材の家』にこだわりました。自然素材の家って高いので主要部分だけに使うなど、わがままが言える工務店が良かったんですよね。

こういうこともモデルハウス見学で聞けます。(この床の素材は何ですか?みたいなこと。)

ポイント④ 収納は確保されているか

収納の数で部屋のキレイさも決まる収納の数で部屋のキレイさも決まる

どこにどれだけの収納があるのかをチェック。あなたの持ち物をすべて収納できるか考えてみましょう。

収納があれば部屋が片付きます。収納がなければ追加で収納用の家具を設置しなければなりません。

モデルハウスはモノが少ないのでキレイです。

「実際に生活したらどういう状況になるのかな?」

と考えてみましょう。

モデルハウスの時点で収納が少ないと感じれば、階段の下に収納を作るなど『収納の多い家作りが必要』なことも分かります。

編集部
あーオシャレだなー!凄いなー!と思ってみていると良い家って建ちません。モデルハウスはランクの高い家です。それよりもランクが落ちることを前提に住み心地を評価することがモデルハウス見学の目的です。
スポンサーリンク

2.モデルハウスの見学で便利な持ち物について

  • カメラ(できればズームできるもの)
  • メジャー
  • 筆記用具・メモ帳
  • ショッピングバッグ(資料がたくさんなので)
  • 上着(寒いモデルハウスもあります)

 

私は一眼レフかミラーレスを持っていきます。なぜなら、ズームで『チェックしづらい部分』もチェックできるから。

明らかに掃除できそうにない窓がどの程度汚れているのか。瓦の素材は何なのか。カメラなので撮影しつつチェック可能。役立ちますよ。

Canon のPowerShotなら月まで撮影できるほどのズームが可能。何でも撮影できますね。

3.モデルハウス見学時に営業マンに質問した方が良いこと

  1. このグレードの家を建てるといくらかかるのか
  2. 断熱材など見えない部分の説明
  3. 家を建てた後のアフターフォローについて

最低限この3つは聞くべきです。

質問① このグレードの家を建てるといくらかかるのか

家にトイレが2つあると値段は上がる家にトイレが2つあると値段は上がる

モデルハウスは最高級の家です。

 

「トイレが2つもある!やっぱり便利だよね~。」

「えっ!玄関に靴箱専用の部屋があるの!これならブーツもたくさん置けるし、子どものおもちゃとか三輪車も置けそう!」

 

と思うでしょうが、値段は高いです。トイレが1つ増えれば100万円プラス。玄関に靴箱専用の部屋を作るのも『広い土地』が必要です。

営業さんに「凄くいい家ですけど、このモデルハウスと同等の家を建てるといくらかかるんです?」と聞きましょう。

その後で「一般的な家を建てるとどのくらいなんです?」と聞くべき。あなたの予算内の家が建てられなければその工務店はNGだからです。

質問② 断熱材など見えない部分の説明

家は見えない部分が重要家は見えない部分が重要

家で重要なのは見えない部分です。

どんなにオシャレな家でも夏が暑くて冬が寒かったら住めません。湿気に弱くて壁の中がカビだらけになったら健康に悪影響です。

 

  • 断熱材はどうなっているのか。
  • 耐震性はあるのか。その根拠は何か。
  • 地盤改良工事をした場所の上にちゃんと家が建っているのか。

 

上記のことを聞きましょう。

ポイントは『根拠を示してもらうこと』です。証拠が無ければ意味がありません。家って高い買い物なのでしっかり説明をしてもらうべき。

これで答えられなければ営業さんの知識不足です。モデルハウス見学時に受けた説明も怪しいので信用できませんね。

質問③ 家を建てた後のアフターフォローについて

岐阜の工務店のイベント岐阜の工務店のイベント
  • 保証はしっかりしているのか
  • 家が建った後も交流は残っているのか
  • 営業さんがコロコロと変わらないか

家が建った後のことを聞きましょう。

家は建てたら終わりじゃありません。数年単位でメンテナンスが必要。台風や大雨で被害を受けた時も早期修理しなければなりません。

こういう時に工務店が快く動いてくれるかを見抜きます。

家を建てた人たちを集めたイベントをしている工務店はまず安心ですね。

営業マンの態度も見ておきましょう。

余談ですが営業マンの態度そのものもチェックすべきです。

とにかく『家を売りたいだけ!』という人がいます。そういう人は家を建てた後のアフターフォローに不安が残ります。

予算が無いと見るや態度が変わる営業マンもいます。そういう工務店とは長い付き合いができません。あなたからお断りすべきです。

4.モデルハウス見学時の各種疑問に答えます

モデルハウス見学時の疑問に答えます

子どもって一緒に連れて行っても大丈夫なの?

大丈夫です。

子どもと一緒に行ったほうが『危ない場所』が分かりやすいです。子どもの視線で家を見ることもできますね。大人だけと違う『気付き』があります。

強引な勧誘ってないの?

工務店によってはあります。

とはいえ、工務店はハウスメーカーほどの強引さはないですね。私はハウスメーカーの住宅展示場で3時間以上足止めされました。

まだ家を買うかも決めてないけど見学して良いの?

良いです。

モデルハウス見学はもちろん、工務店の住宅相談会も『家を買うかどうか悩んでいる人』のためのもの。勉強のためにも見学すべきです。

5.『体験談』私が実際にモデルハウスを見学した内容を紹介します

オネストホームのモデルハウスを見学オネストホームのモデルハウスを見学

岐阜市のオネストホームのモデルハウスを見学させて頂きました。

オネストホームは岐阜市の芥見にある工務店。自然素材を使った家作りが人気です。アフターフォローに力を入れており、家を買った後の関係が良好なのが嬉しいです。

私も実際にオネストホームで家を建てました。2年経過しても傷みはありません。高断熱で冬は温かく夏は涼しいです。

※オネストホームの紹介記事はこちらです。岐阜で家を建てたいあなたは検討しましょう。

関連記事 岐阜市で評判の工務店を紹介『建築風景からアフターフォローも解説』

 

壁紙を上手に使った家作り壁紙を上手に使った家作り

壁紙のアクセントが際立ちます。壁紙なのでコストダウンもできて嬉しいですね。

 

子ども部屋はクローゼットの扉がない子ども部屋はクローゼットの扉がない

子ども部屋はクローゼットの扉が無いので隙間に指を挟む危険がありません。収納を広く使えるので、物が増えやすい子ども部屋が使いやすくなります。

子ども部屋は広い作りになっており、出入り口が2つあります。子どもが育ったら真ん中に仕切りをつけて2部屋に変更することが可能です。

編集部
家は徐々に使う目的が変わるという点が押さえられています。滑り台のある家とか子どもが育ってから困りますからね…。

 

リビングは無駄が無く広々した作りリビングは無駄が無く広々した作り

リビングはキッチン・パントリー・脱衣所につながっています。すべての扉を開放すると円状になっており、ママの動線を考えた作りになってます。

こういうのが住み心地につながりますね。

まとめ:モデルハウス見学はオシャレさ以外をチェックしましょう

モデルハウスの見学はどうしてもオシャレに目を向けがちです。モデルハウスを作っている側もそれを知っていて、オシャレさや豪華さに力を入れてます。

あなたは予算を考えて『ランクが落ちたらどうなるか』を考えるべき。そうなるとオシャレ以外の部分に目を向けた方が良いって分かりますよね。

家は住み心地を考えるべき。モデルハウス見学で見えない部分・ネット情報に無い点をチェックしましょう。

 

以上、「モデルハウスの見学で見るべき4つのポイント『写真+インタビュー付き』」という記事でした。

 

※当記事でご紹介したモデルハウス、オネストホームの紹介記事はこちらです。岐阜で家を建てたいあなたは検討しましょう。

関連記事 岐阜市で評判の工務店を紹介『建築風景からアフターフォローも解説』

スポンサーリンク

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-岐阜の工務店, 岐阜情報

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.