岐阜の防災情報 岐阜情報

東海地震に備えた防災グッズの選び方『赤ちゃん向け用品も解説』

更新日:

ラピタ防災グッズ

「東海地震に備えた防災グッズってどうすれば良いんだろう。東海は大雨とかも多いし、ちゃんとした防災グッズを揃えといた方が良いのかな。選び方とかを知りたい。」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。東海は想定震源域で150年以上大地震が起きていないので、いつ大地震が発生してもおかしくありません。家に1つは防災グッズをまとめた防災リュックを用意しておくべきです。

 

当記事の内容はこちら

  1. 東海地震に備えた防災グッズの選び方
  2. 東海地震に備えた赤ちゃんの防災グッズについて
  3. 防災グッズ選びに悩んだらコレ

 

台風の水害とかもあって、東海も何が起こるか分からない不安がありますよね。もしかしたら明日にでも大地震が来るかもしれません。

防災グッズだけは常備しておきましょう。人気過ぎて2ヶ月待ちとかなので、即頼んだほうが良いですよ。(我が家もそうしました。)

スポンサーリンク

1.東海地震に備えた防災グッズの選び方

  • 万が一の川の氾濫に備える
  • 夏の暑さ・冬の寒さ対策用品
  • 3日分の水・食料

この3つは必須ですね。

 

内閣府から東海地震の概要が発表されています。

東海地震防災対策強化地点の図

東海地震震度の分布

 

津波被害も想定されています。震度7の地域もあるので建物の倒壊や瓦礫による怪我の予防も必要です。

以下のグッズを用意しましょう。(一人分)

 

  • スマホ対応のダイナモライト(ソーラー充電可)
  • 保存水 3本
  • アルファ米などの3日分の食料
  • ウォーターバッグ
  • 簡易トイレ
  • 救急セット
  • ホイッスル
  • レスキューシート
  • レインコート
  • マスク
  • 軍手
  • エアーマット
  • 着替え用のポンチョ
  • ヘルメット
  • 寝袋(暖房用)
  • アルミシート(暖房用)

 

使い捨て歯みがきや洗い流さなくて良いシャンプーもあると便利です。

防災リュックの中防災リュックの中

こんな感じで1つのリュックの中に入れます。

リュックサックは防水(撥水)にするべき

東海は川が多く夏には大雨の被害が考えられる地域です。リュックは濡れても大丈夫なように撥水加工品にしましょう。

撥水加工の防災リュック撥水加工の防災リュック
編集部
可能なら防炎・防汚加工が良いですね。東海地震の時間帯によっては火災も考えられます。火に強ければ中が傷まなくて済みます。
スポンサーリンク

2.東海地震に備えた赤ちゃんの防災グッズについて

生後5ヶ月の赤ちゃん赤ちゃんは専用の防災用品が必要

森永乳業が赤ちゃんの防災用品をまとめています。

森永乳業が無料で開設した赤ちゃん用の育児相談窓口に赤ちゃんの危機管理の電話が多かったためです。

以下まとめです。

  • 赤ちゃん用の水
  • ミルク(ママのお乳が出るとは限らない)
  • ベビーフード(そのまま食べられるもの)
  • 紙オムツ(Lサイズ)
  • プラスチックの哺乳瓶
  • おしりふき
  • バスタオル
  • 使い捨てタオル
  • 肌着
  • レジ袋

以上を7日分。

参考 森永乳業

 

MamaSukiオリジナルで必要な用品として『抱っこ紐』『おしゃぶり』『各スキンケア用品(特に日焼け止め)』をオススメします。

抱っこ紐が無いと赤ちゃんと一緒に走れません。抱っこしながらの移動は危険です。

おしゃぶりが無いと泣きやますのが難しくなります。避難所生活も考慮します。

スキンケア用品が無いと赤ちゃんの肌がカサカサになったり、雑菌で肌トラブルの原因になります。真夏は日焼け止めも必須ですね。

オムツ替えはエアーマットがあれば外でも可能。

 

おしゃぶりはフィリップスのものが評判が高いです。

普段抱っこ紐を使わない方も安い物で構いません。腰ベルトタイプ+新生児から使えるものを用意しておきましょう。東海地震に限らず『避難が必要な時』に使えます。

※ベビーグッズはAmazonのベビーレジストリを利用すれば割引で買えます。

参考 【えっ!お得】Amazonベビーレジストリを徹底解説『2割安』

防災リュックのヘルメットを抜けばまだまだ入ります

赤ちゃん用品だけでリュックが必要になりそうですけど、防災リュックのヘルメットを抜いちゃえば十分入ります。

防災リュックのヘルメットを抜いた状態防災リュックのヘルメットを抜いた状態

 

私の家では『LA・PITA』を購入しました。

 

空気清浄機と防災リュックの比較空気清浄機と防災リュックの比較

機能は十分。でもちょっと大きいです。

2人分を購入しておいてヘルメットを抜く。片方にモノを詰めて、もう片方は軽めにしておく。軽めのものを持った人が赤ちゃんを抱っこする。

こんな感じにしましょう。重くて動けなかったら意味ありませんからね。

3.防災グッズ選びに悩んだらコレ

個人で防災グッズもそろえられるんですけど、それって時間がかかります。ついでに何だかんだで『必要なものが揃ってない』とか『面倒で結局買わなかった』ってなります。

その状態で東海地震が来たら悲惨ですよね…。

なので、最初から防災グッズが入っているセットを買っておきましょう。最低でも1つ。

やっぱり多くの家庭が危機感を持っていて大量注文されてます。2ヶ月待ちとかになってますので、早く注文したほうが良いですよ。我が家も12月に注文して1月末に届きました。良かった。

①【防災士が厳選した防災グッズ43点セット】

43点防災グッズセット43点防災グッズセット

防災士が選んだ防災グッズ。必要なものは全て揃ってます。リュックは撥水です。

個人的に『ご飯が充実している』のが嬉しいですね。

各種アルファ米だけじゃなくてそのまま食べられるレトルトカレーとかも入ってます。お馴染のようかんもありますね。

これで一人用13,800円なのでコスパも良いですよ。

 

運よくすぐ注文できるかもしれませんので、即確認しましょう。

②防災セットLA・PITA

ラピタ防災グッズ

こちらも防災士認定の防災セット。

見た目のオシャレさで人気なんですけど、オシャレだからリビングとか寝室に置きやすいんですよね。危ない時にサっと持ち運べるのは魅力。

もちろん撥水加工です。

食事はレスキュー米とかが入ってます。

レスキューライス

二人用セットが販売されていて、これだと一人15,000円。厳選30品入っているのでお買い得です。

ヘルメットを取れば何でも入ります。赤ちゃん用品も入るので育児家庭は買いましょう。

 

※ただしこちらも大人気です。チェックして到着が2ヶ月以内なら注文したほうが良いですよ。

 

 

 

まとめ:防災セットを買って足りない分を追加しましょう

岐阜市でもホームセンターで防災グッズが品切ればかりなんですよね。

ホームセンターで売ってる防災セットはリュックが防水じゃないものが多いです。これだと雨の日には使えません。

基本の防災セットを買っておいて、足りないものだけ都度足していくと良いですよ。

 

以上、「東海地震に備えた防災グッズの選び方『赤ちゃん向け用品も解説』」という記事でした。

スポンサーリンク

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-岐阜の防災情報, 岐阜情報

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.