育児に便利なグッズ

『ベビーカーか抱っこ紐か』は併用が答え。体験談と共に解説します。

投稿日:

ベビーカーと抱っこ紐

「ベビーカーと抱っこ紐ってどっちを買ったら良いんだろう。併用が良いって話も聞くからメリット・デメリットも含めて詳しく解説して欲しい。」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。私はベビーカー・抱っこ紐を併用して子どもを育てています。

それぞれメリット・デメリットもありますが、単純に『子どもがグズった時に切り替えられるから』です。

 

当記事の内容はこちら

  1. 『ベビーカーか抱っこ紐か』と悩んだら併用すべき理由
  2. ベビーカーを使うメリットとデメリット
  3. 抱っこ紐を使うメリットとデメリット
  4. 『体験談』ベビーカーと抱っこ紐を併用して良かったこと
  5. ベビーカーと抱っこ紐のサブで使う方は安いものでOK

 

特に買い物の時ですね。ベビーカーの下に抱っこ紐を入れて移動していました。こういうことも体験談付きでお話しますのでどうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.『ベビーカーか抱っこ紐か』と悩んだら併用すべき理由

  1. 子どもがグズった時に切替が可能(眠い時など)
  2. どういう場面でも対処できる(急な雨など)

この2つです。

「うわっ!ベビーカー使えない…。でもまだ赤ちゃん歩けないし…。抱っこしながらベビーカー押すの?!」

という万が一の状況がなくなります。

理由① 子どもがグズった時に切替が可能(眠い時など)

生後半年くらいになると泣き声が大きくなります。

眠い時・お腹が減った時はどこだろうとギャン泣き。ベビーカーだとバタバタしだして身を乗り出すようになります。

こういう時に抱っこ紐に切り替えると落ち着いてくれます。(ママの体温とか心臓の鼓動が伝わるため。)

逆に抱っこ紐じゃ楽しくないと暴れる場合はベビーカーに切り替えます。ベビーカーは外の景色が見やすいのでキョロキョロと観察して落ち着いてくれます。

理由② どういう場面でも対処できる(急な雨など)

ベビーカーと抱っこ紐はそれぞれメリットとデメリットが違います。

2つ持っているとどういう場面でも対処可能。

 

  • 雨なら抱っこ紐
  • 駅にエレベーターが無ければ抱っこ紐
  • 長距離を歩くならベビーカー
  • 思わぬ大きなものがもらえた時もベビーカー

 

編集部
特に突然の雨の時の切り替えが多いです。車での外出時、駐車場から目的地まで遠い時に突然のどしゃ降りだとどうしようもありません。傘+抱っこ紐ならとりあえず赤ちゃんはぬれずに移動できますね。
SPONSORED LINK

2.ベビーカーを使うメリットとデメリット

ベビーカー アップリカのベビーカー

メリット:移動がラク・モノの運搬ができる・簡単に乗せられる

  • 移動がラク(体重もかけられるので疲れない)
  • モノが吊り下げられる。ベビーカー下のネットにも入る。
  • 赤ちゃんの乗り降りがラク
  • 紫外線対策がしやすい
  • 暑さ対策ができる(冷却シート)

デメリット:段差に弱い・雨に弱い・降りようとする

  • 階段や線路などの段差に弱い
  • 雨だと移動できない(ベビーカー用の雨よけシートはある)
  • 赤ちゃんが降りようとしたり、商品を触ったりする
  • 使いすぎると滑車が壊れるリスクがある
  • ベビーカーの運搬が大変(車から降ろすなど)

ベビーカーを使う時の注意点

たくさん重いものを吊り下げた状態で赤ちゃんを抱っこすると重みで倒れます。

押して移動するので、信号を通るときに車が来ないか確認しましょう。飛び出し車両が合った場合、先にベビーカーが危険です。

地面に近いのでアスファルトの照り返しによる気温上昇があります。真夏は保冷シート必須です。

3.抱っこ紐を使うメリットとデメリット

エルゴの抱っこ紐エルゴの抱っこ紐

メリット:段差や雨に強い・常に見ていられる・寝やすい

  • 雨でも傘をさして移動できる
  • 段差、階段も平気
  • 常に赤ちゃんが手の届く範囲にいる安心感
  • 赤ちゃんが寝てくれやすい
  • ベビーカーに比べて車の荷物にならない

デメリット:長時間は抱っこできない・抱っこするまでが大変

  • 肩こり腰痛になる(1時間以上の抱っこはキツイ)
  • 月齢が上がると使いづらくなる
  • 抱っこするまでが1人だと難しい
  • 赤ちゃんの体温で暑い
  • 転ぶと危険だが、赤ちゃんがいるので足元が見づらい

抱っこ紐を使う時の注意点

正しくセッティングしないと赤ちゃんに負担がかかります。

走ると赤ちゃんが揺さぶられます。激しい動きをしないようにしましょう。

4.『体験談』ベビーカーと抱っこ紐を併用して良かったこと

ベビーカーと抱っこ紐こんな感じでベビーカーの下に抱っこ紐を入れておきます

抱っこ紐をスリング的に使う場面が多かったです。

赤ちゃんは寝たいけど眠れなくて泣きます。抱っこで寝かしつけするのは大変です。抱っこ紐を装着していれば両手が使えます。作業をしつつ寝かせられるので良いですね。

 

ベビーカーはキッズ椅子の代用品になります。

赤ちゃんとか子ども用の椅子が無いファミリー向けのお店ってあるんですよね…。(特に個人店。カフェに多いです。)

ベビーカーで赤ちゃんを寝かせたまま食事とかもできるので安心。

 

編集部
抱っこ紐で赤ちゃんを寝かせてベビーカーに乗せる。このコンボも良く使いました。

5.ベビーカーと抱っこ紐のサブで使う方は安いものでOK

あなたの生活環境によってはベビーカー・抱っこ紐の使う頻度って違いますよね。

あんまり使わないものは安いもので大丈夫です。(特にベビーカー。)

具体的には1万~2万円の間のものを買いましょう。1万円以下のものは作りが弱く、滑車が壊れやすいので危険です。旅行かばんも安いものは滑車が早く壊れますよね。アレと同じ。

値段の高いものとの違いは『対面式かどうか』ですね。サブで使うなら対面式じゃなくて構いません。

 

ジョイーの三輪ベビーカーなら評価が高くレインカバーも付いてきます。

 

抱っこ紐は名前の知られたメーカーのものを買いましょう。5,000円くらいで買えます。良く分からないものを買って紐が切れるとか想像するだけで怖いですからね。

GRACOなら5,000円ほどで買えます。首が据わってから使いましょう。

安く買う方法:Amazonベビーレジストリの割引を使う

ベビーカーと抱っこ紐はどちらも赤ちゃんの安全にかかわるもの。2,000円とかで買えるものじゃありません。

そこでAmazonベビーレジストリに加入して割引を使いましょう。

Amazonベビーレジストリはプライム会員になると10%OFFで子ども用品が購入できます。(回数制限アリ)期間限定で20%OFFのクーポンも配布されます。

一時的にプライム会員になったとしてもお得。高い買い物ほど安くできます。

詳しくは『【えっ!お得】Amazonベビーレジストリを徹底解説『2割安』』という記事をご覧ください。

アマゾンのベビーレジストリ
【えっ!お得】Amazonベビーレジストリを徹底解説『2割安』

「赤ちゃん用品って高い!少しでも安く買いたい・・・。Amazonでバババっと揃えちゃいたいんだけど、少しでもお得に出来る裏技とかないの?!」 というあなたにピッタリなサービスがAmazonベビーレジス ...

続きを見る

まとめ:ベビーカーと抱っこ紐は両方あると安心です

我が家も『ベビーカーいらないんじゃない?』という考えだったんですけど、首がすわった後に買っちゃいました。

育児って大変なんです。ちょっとでもラクしたいんです…。ラクするためにはベビーカーも抱っこ紐も必要です。

今後も子どもを増やす家族計画なら無駄になりません。ベビーカーと抱っこ紐を併用しましょう。

 

以上、「『ベビーカーか抱っこ紐か』は併用が答え。体験談と共に解説します。」という記事でした。

 

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-育児に便利なグッズ

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.