赤ちゃん・子どものQ&A

赤ちゃんと買い物する時の注意点3つ『何かあってからでは遅いです』

投稿日:

赤ちゃんと買い物する時の注意点

「赤ちゃんと買い物する時の注意点を知りたい。事前に準備しておくものとか、どんな危ないことがあるのかを知っておきたい。何かあってからじゃ遅いので。」

というママさんの疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。私自身1児の男の子を育ててます。

経験上、赤ちゃんと買い物する時は『ベビーカーと抱っこ紐の2つを持参する』『ショッピングモールは避ける』『人と距離を置く(人ごみに入らない)』の3つが大切です。

 

当記事の内容はこちら

  1. 赤ちゃんと買い物する時の注意点3つ『人に注意』
  2. 短時間で買い物が終わると赤ちゃんもママもラクです
  3. オムツなど大きなものは通販で買うクセを付ける

 

買い物は日常的なこと。買い物をラクにすることで赤ちゃんもママもストレスがたまりません。自宅で準備して『どうすれば短時間で終わるか』もお話します。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.赤ちゃんと買い物する時の注意点3つ『人に注意』

  1. ベビーカーと抱っこ紐の2つを持参する
  2. ショッピングモールは避ける
  3. 人と距離を置く(人ごみに入らない)

上記3つです。

全て経験談からお話しています。電車やバスを使うのも避けるべき。なぜなら『イライラしている人』から何をされるか分からないからです。

編集部
基本は赤ちゃんの安全を考えましょう。買い物ってあなたが思っているより赤ちゃんには危険です。公園で遊んでいる方が安全かも。

注意点① ベビーカーと抱っこ紐の2つを持参する

ベビーカーと抱っこ紐の両方を持つベビーカーと抱っこ紐の両方を持つ

赤ちゃん移動用グッズとしてベビーカーと抱っこ紐は両方持っていきます。

というのも、赤ちゃんって気分が変わるんですよ。最初は抱っこ紐を持っていかなかったんですけど、抱っこしないと泣き止まない時って出てきます。

赤ちゃんが泣いているまま買い物を続けると人の目が気になります。赤ちゃんのこともカワイそうですからね…。

でも、最初から抱っこ紐で行くと『ベビーカーに乗らせろ!』って怒るんですよ。実際、ベビーカーがあった方が買い物品や鞄を置くのに便利です。だから両方持っていきましょう。

編集部
スーパーに赤ちゃん用のカートが置いてあります。これも首がすわった子なら使えますよ。ちょっと頭の置き場が硬いのでタオルとかかけてあげましょう。

注意点② ショッピングモールは避ける

ショッピングモールは病気をもらいやすいショッピングモールは病気をもらいやすい

インフルエンザとか風邪をもらいやすいです。

私の住んでいる岐阜は買い物スポットが少なくて大きなイオンに行くしかありませんでした。イオンに行った翌日って必ず鼻風邪になってたんです。1月にはインフルエンザも感染しました。

ショッピングモールに行くのを止めてから病気が減りましたので、無理していく必要はありません。(特に冬場は止めましょうね。)

 

ベビーカーで移動する場合は上下階にエレベーターを使わないとダメ。これも買い物時間が増えるリスクがあります。

ショッピングモールに行く時は『パパと一緒で短時間』などルール決めをしましょう。

注意点③ 人と距離を置く(人ごみに入らない)

急に赤ちゃんに触ってくるおばちゃん・おばあちゃんが多いです。

プラスで色々と口出ししてくる人も多いです。(もちろん知らない人ですよ。)

事前に何を触っているか分からない人が赤ちゃんを触ってきます。風邪を引いているかもしれません。赤の他人に赤ちゃんを触らせるリスクは減らすべきです。

だから、人とは距離を置いて人の少ない場所から買い物をスタートしましょう。ショッピングモール同様に病気の予防にもなります。

編集部
特に服装で文句を言ってくるおばちゃん多いです。『もっと温かくしないとダメ。』とか注意されますね。ストレスなので返答しなくてもOKです。

急におばちゃんやおばあちゃんが触ってきそうになったら『ウンチしてますよ。』と言えば触ってこなくなります。

SPONSORED LINK

2.短時間で買い物が終わると赤ちゃんもママもラクです

レシピと買う予定のものを決めておくレシピと買う予定のものを決めておく

家を出る前にスーパーやドラッグストアで買うものを決めておきましょう。

今はネットでスーパーの広告が見れます。

その場で安い物を見つけるって無駄な時間がかかります。時間がかかると赤ちゃんも飽きてきちゃって泣いたりグズったりします。

短時間で買い物を終わらす方法:事前準備(レシピも決定)

  • メインのスーパーを決めておく
  • ネットで広告を見ながら何を買うかを決定。レシピを決めるとラクです。
  • スーパーでは決めたものを購入。それ以外のものは通りがかった際に買うかどうかを決めます。

1番ダメなのが行く店を決めていない時。

赤ちゃんと一緒に別のお店に行くと『赤ちゃんをチャイルドシートに乗せる。』『赤ちゃんをベビーカーに乗せる』の作業が出てきます。これが大変。せっかく寝ていたのに起きちゃうこともありますね。

お惣菜デーを作るのもありです

料理を作っている間に泣いちゃうとどうにもなりません。赤ちゃんをおんぶしながらの料理ってついつい冷蔵庫に頭をぶつけちゃったりで危ないです。

たまには『お惣菜デー』を作ったりでラクをしましょう。

3.オムツなど大きなものは通販で買うクセを付ける

パンパースのオムツオムツやおしりふきは通販を利用する

生活・育児に必要な重いものは通販で買いましょう。

ベビーカーに乗らないものを車に運ぶってつらいです。店員さんが手伝ってくれれば嬉しいですけど、そうとも限りませんよね。

具体的には『オムツ』『おしりふき』『お米』です。

大きいもの → ママ一人では大変です

私もオムツを2ケース買ったことがあるんですけど、買ってから困っちゃいました。

 

編集部
これ、ベビーカーの下に入らないじゃん…。どうしよう…。

 

無理やり片手で2つ抱えたんですけどダメでしたね。幸い店員さんが助けてくれたので車まで運べました。ママ一人で大きいものを買うって無理です。これもラクすべき。

※ちなみにオムツとおしりふきに関してはAmazonファミリーに入ると格安で買えます。買いに行く手間もガソリン代も必要なし。2年ほど試すと良いですよ。

詳細記事 オムツが格安で買える2つの方法『平均オムツ代から2万円安!』

まとめ:赤ちゃんとの買い物はラクしましょう

赤ちゃんとの買い物って苦労の連続です。ベビーカーを下ろそうとして横の車にぶつけちゃったりとか、たくさんのリスクがあります。

1円でも安い買い物のために遠くのスーパーに行くとか止めましょう。

ただでさえあなたは育児で疲れてます。買い物くらいラクして大丈夫ですよ。明日からは近場のスーパーで欲しいものだけ買う生活に切り替えましょう。

 

以上、「赤ちゃんと買い物する時の注意点3つ『何かあってからでは遅いです』」という記事でした。

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-赤ちゃん・子どものQ&A
-,

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.