子どもの食事 赤ちゃん・子どものQ&A

『経験談』完全母乳で育てる3つの注意点『初マタママは必読』

投稿日:

母乳を飲む赤ちゃん

「今、妊娠中なんだけど赤ちゃんを完全母乳で育てたいなーって思ってます。これって良いことですよね。メリットしかないですよね?!」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。

私自身、完全母乳で育てきりました。その経験から分かった『注意点』をお話します。結論から言うとメチャクチャ完母って大変です。

 

当記事の内容はこちら

  1. 完全母乳で育てる3つの注意点
  2. 完全母乳の間隔と夜泣き・ママの疲れについて
  3. 完全母乳で育てる2つのコツ

 

大変な分、安心感はあります。旦那の助けや理解があるのなら挑戦する価値はありますよ。

ではご覧下さい。

スポンサーリンク

1.完全母乳で育てる3つの注意点

哺乳瓶を触る子ども

完全母乳で育てたいあなたが注意することは以下の3つです。

  1. 母乳がちゃんと出るとは限らない
  2. 母乳は消化が早いのでゆっくり休めない
  3. 乳線炎になると母乳をあげるのが怖くなる

 

この3つを知っておいて、出産前に準備するのが大切。出産後って時間が全くありません。プラス2ヶ月くらいは身動きが取れません。

手動でも良いから搾乳機を持っておくと良いです。母乳の取っておく時とか、赤ちゃんがあんまり飲んでくれない時に使えます。

自分で絞るって汚れますし大変です。

注意点① 母乳がちゃんと出るとは限らない

母乳って『出て当たり前』なイメージありますけど、そういうもんじゃありません。全くでなくて困っちゃうママさんもたくさんいます。

「完全母乳で育てるぞー!」と思っていて、ミルクとかしっかり準備しとかないと出なかった時に困っちゃいます。

特に出産後の最初は上手に出てこないママさん多いですね。そこで諦めちゃうと全く出なくなるので挑戦し続けるのも大事です。

注意点② 母乳は消化が早いのでゆっくり休めない

母乳の消化は早いです。1時間半~2時間くらいって言われてますが、これはホント。ピッタリ2時間で欲しがってきますからね。驚きです。

赤ちゃんって満腹が分からないので飲み続けます。でもちゃんと欲しがるんですよ。子どもによっては1時間に1回欲しがったりもします。

※ちなみにミルクだと1回あげたら3時間は大丈夫です。

注意点③ 乳線炎になると母乳をあげるのが怖くなる

乳腺炎になっちゃうとメッチャクチャ痛いです。強く吸い付いたり、歯が生えてくるとガブって噛む子も多いので母乳を上げるのが怖くなります。

乳腺炎とは、出産後、乳汁がきちんと排出できず乳腺内に溜まり、炎症を起こすことをいいます。また、出産に限らず、乳頭や乳輪などに傷ができた時、その傷口より細菌感染を起こして炎症が起こる場合も乳腺炎と診断されます。

引用 ウーマンズヘルス

乳頭に白っぽいのがプチっとできたり、胸にしこりができるので分かりやすいです。怪しいなと思ったら即医者に行ってください。

そのくらいつらいです。

胸をマッサージしてお乳を出し切るのが最良の方法なんですけど、それも痛みとの戦いです。経験しないほうが絶対良いです・・・。

スポンサーリンク

2.完全母乳の間隔と夜泣き・ママの疲れについて

母乳を飲んだ後の赤ちゃん

完全母乳で育てる場合のお乳をあげる間隔や夜泣き・ママの疲れをお話します。

間隔・夜泣き・疲れって凄く大事で、このバランスが崩れちゃうと完全母乳ができなくなります。

母乳をあげる間隔は2時間に1回

母乳をあげる間隔は赤ちゃんによっても違うのですが、およそ2時間に1回です。

赤ちゃんの飲んでる量って良く分からないのでチェックする必要があります。

  • 1日6回ほど薄い色のおしっこが出ているか
  • 1日3~8回、うんちが出ているか
  • 母乳を飲んだ後の舌はちゃんと白くなってるか
  • 母乳はちゃんと出ているか(自分で乳頭をつまんで確認)

授乳の時間は1回10分ほど。片乳で5分を目安にします。でも、飲んでいるかと思ったら飲んでないこともあるので、赤ちゃんの様子をチェックしましょうね。

スマホとか触ってると赤ちゃんとの信頼も崩れます。(赤ちゃんってこういうとこしっかり見てます。)

夜泣きのペースも2時間に1回

母乳の消化がおよそ2時間なので、夜泣きも2時間に1回のペースになります。

生まれた直後からこの状態が続きます。成長して胃が発達してこないとこのペースは縮まりません。成長とともに『空腹とは別の夜泣き』も出てきます。

ママが疲れると母乳もストレスで出なくなる

夜泣きや母乳を与える疲れ(時間がかかります)がたまってくると、ストレスで母乳の出が悪くなります。

そうなると詰まって乳線炎になったり、赤ちゃんの泣く頻度が増えてきます。ミルクを与えようと思っても、哺乳瓶のちくびが気に入らなくて飲まないことも。

こうなるとスプーンでチビチビあげるしか無くなります。

3.完全母乳で育てる2つのコツ

編集部
完全母乳で育てる時ってコツがあります。これを考えて事前準備が必須。

完全母乳で育てる時のコツはざっくり以下の2つですね。私も実際に取り入れました。

  1. 常に母乳を冷凍保存しておく
  2. 旦那の理解を得て協力してもらう

 

コツ① 常に母乳を冷凍保存しておく

母乳は専用のフリーザーパックがあります。

4℃くらいで冷蔵すると72時間。-20℃の冷凍なら3ヶ月は持ちます。自宅の冷凍庫なら-18℃以下が基準なので安心して使えます。

常に『新鮮な母乳在庫』があると、母乳が出なかったり、あなたが体調不良の時に役立ちます。

私も風邪引いて熱が出ました。こういう時は母乳をあげるのもできなくなっちゃうので、冷凍母乳を別の人に与えてもらうのが良いです。

風邪を移しちゃうのも怖いですからね・・・。熱痙攣とか心臓が止まります。

コツ② 旦那の理解を得て協力してもらう

絶対に旦那に理解してもらうべき。特にシフト制勤務とか残業の多い旦那は要注意。

男って『ちょっと手伝ったら凄く手伝った』と思ってます。というのも、普段は外にいるから育児の本番である『赤ちゃんと自宅で2人の時間』が分からないんです。

母乳で育てるってどういうことなのか。

旦那も仕事1番じゃなくて育児に参加する

などの考えを今から作っておくべき。

妊娠中の現在で関心の無い旦那はヤバいです。早く育児雑誌とか、育児系のセミナーに連れて行くべき。1回くらい叱ってもらわないと理解できません。

1度くらいガッツリぶちギレた方が出産後に安心です。

出産時の行動や準備もトレーニングしておくべき。

まとめ

初マタは幸せ一杯、期待もたくさんですよね。

その反面、不安も凄いと思います。赤ちゃんの気持ちは誰でも最初は分かりません。だから積極的にママさんたちと情報交換して、孤立しないことが大切です。

完全母乳も『無理』をしないこと前提で、気軽にミルクとの併用を考えておきましょう。

 

以上、「『経験談』完全母乳で育てる3つの注意点『初マタママは必読』」という記事でした。

スポンサーリンク

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-子どもの食事, 赤ちゃん・子どものQ&A
-

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.