赤ちゃん・子どものQ&A 赤ちゃんと父親

夜泣きに旦那が非協力的な時の対処法『イライラしてむかつく時に』

投稿日:

夜泣きに旦那が非協力的

「夜泣きに旦那が非協力的で困っている。私も寝不足でつらくなってきたし…。旦那がスピースピー寝ているのを見るだけでもイライラする。どうしたら良いんだろう?」

という悩みにお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。以下のような状況で夜泣き乗り越えてきました。

  • 旦那が不規則な交代性で夜は別々に寝る
  • 完全母乳なので2時間に1回起きる
  • 1歳まで夜泣きが続く

 

当記事の内容はこちら

  1. 夜泣きに旦那が非協力的な時の対処法『3つある』
  2. 夜泣きに協力する旦那と協力しない旦那の違い
  3. 旦那に『パパ』としての意識をつける方法

 

我が家の旦那は仕事の関係で夜泣き対処ができませんでした。そういう状況を乗り越えた私なのでお伝えできることがあると思います。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

1.夜泣きに旦那が非協力的な時の対処法『3つある』

  1. 夜泣きを早く終わらせる方法を整える
  2. 夜泣き当番を作る『厳守する』
  3. ママのイライラをリラックスさせる

この3つですね。

新米ママ
なるほどなるほど。
一応は旦那も仕事の都合があるので、そこも考慮します。後は夜泣きがある前提で『イライラしないための方法』も考えると良いですね。
編集部

パパママ情報メディア『KIDSNA』のアンケートによると夜泣きが終わる時期は『10ヶ月~2歳』と幅があります。なので早めに対策すると後がラクですよ。

対処法① 夜泣きを早く終わらせる方法を整える

赤ちゃんはくるまっているのが好き夜泣き対策グッズを買っておく

夜泣きを短時間で終わらせれば『早く眠れる』のでちょっとラクになります。

赤ちゃんの夜泣きには大きく2つの理由があります。

 

  1. 精神的理由『眠いけど眠れない・怖い』
  2. 肉体的理由『オムツが濡れてる・お腹が減った』

 

このうち、精神的理由は赤ちゃんの興奮さえなくなれば寝てくれます。そのために夜泣き対策用のグッズを買っておくと安眠できますよ。

 

夜泣きを早く終わらせる方法まとめ

  1. 赤ちゃんが落ち着く音を鳴らす
  2. 自然に近い風を当てる
  3. 揺ら揺らする

とりあえずこの3つを試します。

詳しくは今すぐできる夜泣きの対処法5つ『実践して効果のあったものだけ紹介』をご覧ください。

 

夜泣き対策の最新グッズ

1時間でも多く眠りたいあなたにはこちら。今だと1万円くらいで買えまして、旦那へのイライラもママの疲れも減ります。

\今だと送料無料+定価の5,000円OFFキャンペーン中!/

 

対処法② 夜泣き当番を作る『厳守する』

夜泣きを当番制にする夜泣きを当番制にする

平日は旦那の仕事があるのでママが夜泣きを担当。金曜夜と土曜の夜はパパが夜泣きを担当。というように当番制にしましょう。

ママのイライラって『パパが少しも夜泣きに協力しないこと』です。

新米ママ
うんうん。分かるわー。
ちょっとでも良いから協力してくれたらイライラしませんよね。赤ちゃんにイライラというよりも、旦那へのイライラが大きいです。
編集部

 

旦那と別々の部屋で寝るのもありです

なお、夫婦と赤ちゃん一緒の部屋で寝ているのなら別部屋も検討しましょう。夜泣きって体力勝負です。同じ部屋で寝ているとパパママ2人とも疲れてしまいます。

どうしても泣き止まない時だけ助けに行く感じで後は当番の人に任せればOKです。

対処法③ ママのイライラをリラックスさせる

すやねむティーママがリラックスできる方法を考える

夜泣きってどうしてもママじゃないと対処できない場面もあります。

特に完全母乳の場合ですね。母乳の予備がない時とか。
編集部

なので、ママもイライラをコントロールする方法が大切。やっぱりイライラした状態だと赤ちゃんは眠れてもママが眠れないことがあります。

『ホッ。』とできることを準備しましょう。

 

ママのイライラをリラックスさせる方法

オススメはハーブティーですね。授乳中もカフェインの摂取とか注意事項が出てきます。そういう時に授乳中でも飲めるハーブティがあるとホっとします。

【グリーンルイボスティー】 | 美容成分+ママに必要な栄養素が入ってます。冷え性のあなたにもピッタリ。

すやねむカモミール | 赤ちゃんを落ち着かせることを考え抜かれたハーブティー。

 

スポンサーリンク

2.夜泣に協力する旦那と協力しない旦那の違い

夜泣きに協力するパパとしないパパの違い夜泣きに協力するパパとしないパパの違い

もっとパパが『パパらしく』積極的に育児に参加して欲しいって思いますよね。夜泣きもママが疲れているのを見たら手伝ってくれて当然。

でも、パパって『夜泣きに協力するパパ』と『夜泣きに協力しないパパ』に分かれます。

新米ママ
あー、うちの旦那は協力しない方だわ…。
そういうパパでも協力させる方法があるんです。それも含めて解説しますね。
編集部

夜泣きに協力する旦那:父親の意識があります

親として子どもの面倒を見て当然。と思っている旦那さんは夜泣き対策に協力します。

ママは子どもが生まれる前からママですが、パパは自分で『パパ』って意識しないとパパになりません。

例えば『出産に立ち会ったパパ』は父親としての意識が出やすいですね。子どもが生まれてからも積極的にコミュニケーションを取るので『父親として何をすべきか』を考えてくれます。

新米ママ
なるほど…。

 

夜泣きに協力する旦那の特徴

  • 家事を手伝う
  • 子どもをあやすのが好き
  • 子どもに必要なものを調べている

夜泣きに協力しない旦那:父親の意識がありません

仕事が忙しくて家にいないとか、コミュニケーション不足のパパは『自分をパパ』と思ってません。

自宅=自分がリラックスできる場所になってます。

このタイプの旦那さんは『夫』としての自覚も薄いです。『ママ』も『お母さん』扱いしていて自分の面倒を見てくれる女性と思ってます。

 

夜泣きに協力しない旦那の特徴

  • いつもスマホゲーム
  • 働くことが1番凄いと思っている
  • 子どもに怒る

 

このあたりの考え方については以下の記事もご覧ください。

 

パパとしての意識が足りないパパも自覚させる方法があるんです。次の項目で解説します。

3.旦那に『パパ』としての意識をつける方法

赤ちゃんとパパ旦那に『パパ』になってもらう方法について

父性を育てます。

具体的に言うと『赤ちゃんとのコミュニケーションを増やすこと』を考えます。父親・夫としての自覚が足りない男性は面倒を見てもらう側になってます。

そうじゃなくて、自分が面倒を見させる側にさせます。

方法:1日赤ちゃんの面倒を見させます

以下の手順で行います。

  • ママは外出する
  • 自宅にはパパと赤ちゃんだけ
  • ママからのアドバイスはOK
  • 朝から晩まで面倒を見させること

 

男は『キレイなことだけ手伝って満足』します。

料理を作って満足。後片付けはママ任せ。子どもと遊べば育児を手伝った。

みたいな感じですね。なので、赤ちゃんの大変な部分を全て自力で対処させます。

 

男は体験しないと分かりません

男性は理屈っぽい生き物でして上手に逃げ道を探します。それに対して女性は感情的になってしまいケンカになります。それじゃ意味はありませんよね。

なので、男性に1日だけで良いので赤ちゃんの面倒の大変さを経験してもらいます。

そしたら『育児が大変』という点と『赤ちゃんは自分たちがいないと生きていけない』という点が理解できるので協力的になります。

 

屁理屈で赤ちゃんの面倒をみようとしない旦那の対処法

「仕事の方が大変だからお前が面道を見て当然!」という旦那がいますよね。

それなら1日だけ仕事と育児を変更すればOKです。単発バイトとかありますので、あなたはバイトをして旦那が育児をしましょう。

これでもアレコレいってきたら真面目に『実家へ帰る』を選択肢にいれるべき。旦那って会社での対面があるので、ママの実家へ帰るが1番困ります。

※特に急にお弁当がなくなった場合は会社でうわさになりますからね。使えますよ。

まとめ:夜泣きは夫婦協力して対策をしましょう

夫婦仲が悪くて1番困るのって赤ちゃんです。赤ちゃんのためにも夜泣きは夫婦協力して対策すべき。

実際、交代して夜泣きを見ているとそんなに疲れないんですよ。赤ちゃんもパパになついてくれますので、将来的に家族関係が良くなります。

そのためにも『パパの教育』が大事ですよ。

 

以上、「夜泣きに旦那が非協力的な時の対処法『イライラしてむかつく時に』」という記事でした。

 

スポンサーリンク

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-赤ちゃん・子どものQ&A, 赤ちゃんと父親

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.