育児に適した住宅

ベビーゲートを階段上に穴を開けずに設置できる?『想像より簡単』

投稿日:

ベビーゲート

「ベビーゲートを階段の上に設置したいんだけど、壁に穴は開けられない。設置できて効果のあるベビーゲートってあるのかな?」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。実際に壁に穴を開けないタイプのベビーゲートを利用しています。1年ほど使い続けた結果と共にご紹介しますね。

 

当記事の内容はこちら

  1. 階段上に穴を開けずに設置できるベビーゲートを紹介
  2. 1年間突っ張り棒タイプのベビーゲートを使った結果
  3. 置くだけタイプのベビーゲートはオススメできない理由

 

結論を言うと『1年経っても壁が傷まず、2歳児でも動かせない強さ。つまづいて転ぶ経験もゼロ』でした。

詳しくお話します。

※リビングのオープン階段には使えません。DIYしかないですね。

関連記事 【DIY】リビングのオープン階段にベビーゲートを簡単設置する方法

SPONSORED LINK

1.階段上に穴を開けずに設置できるベビーゲートを紹介

日本育児のベビーゲート日本育児のベビーゲート

突っ張り棒タイプの日本育児『ベビーゲート』を購入しました。

購入理由は3つ。

  1. 拡張フレームがあり大きさを変更できる
  2. 突っ張り部分がゴム製で壁が傷付かない
  3. 値段が安い

 

購入したベビーゲートはこちら

 

拡張フレーム付きで大きさを変えられます

ベビーゲートの拡張フレームベビーゲートの拡張フレーム

これが拡張フレーム。拡張も既存部品に棒を差し込むだけの簡単設計です。

73cm~90cmの幅まで対応できるため、

「うちの階段の上…。幅がギリギリかも。大丈夫かな?」

という不安が解決します。階段上以外の場所でも使いやすいですね。

 

化粧板の厚みも問題ありません

化粧板にベビーゲートを設置化粧板にベビーゲートを設置

設置場所によっては壁の下に化粧板があり『上下の厚み』に違いが出ます。

日本育児のベビーゲートはネジで壁までの距離を変更できるので『上だけが分厚い』『下だけが分厚い』という状況でも利用できます。

男の子
厚みが足りないから木の板を挟まないと…。とかいらないんだね!
その通りです!
編集部

 

設置はかなり力が入ります『女性一人は厳しい』

突っ張り棒を伸ばして固定するのですが、かなり力が必要です。最初はぐるぐる回すだけでも、突っ張ってくるとタオルを噛ませて回さないと無理。

できれば旦那さんにお願いした方が良いです。ちなみに以外と重いので階段上まで運ぶときも気をつけてくださいね。

 

階段上にベビーゲートを設置する注意点について

編集部
階段のすぐ近くに設置しちゃダメ。転んで階段下まで子どもが落下しちゃう恐れがあります。

階段から50cmは離して設置しましょう。

この日本育児のベビーゲートは『段差』があります。これで転んじゃう人がいる可能性がありますね。

子どもだけじゃなくて親も危険。

 

つまづいて転ぶことは特にありませんでした『経験談』

なお、我が家では子どもが転ぶことは無かったです。というのも、階段が怖い場所って思っているので、階段に走ってくることが無かったから。

子どもの性格の問題もあると思います。どうしても気になるならロールタイプがおすすめ。

 

購入したベビーゲートはこちら

SPONSORED LINK

2.1年間突っ張り棒タイプのベビーゲートを使った結果

編集部
1年間使用したので壁の状況を撮影しました。

壁に穴が開かなくても傷んじゃったら一緒じゃないですか。

持ち家はガッカリしますし、アパート・マンションなら大問題です。結果は以下の通り。

 

壁に傷みはほぼ無し『少し擦れるのは仕方ありません』

ベビーゲートを1年設置した後ベビーゲートを1年設置した後

壁紙にもほぼ傷みなしです。ただし、少しだけ擦れてます。デコボコっとした場所が平らになってますね。

子どもが体当たりしてちょっとだけ動いたりするんですよ…。こればかりは仕方ありません。

 

ベビーゲートの突っ張り部分ベビーゲートの突っ張り部分

突っ張り部分が上記写真のようにゴム製になってます。

平らじゃなくて少し空間がありますので、壁に設置する部分が最小限になってますね。これも壁が傷みにくいポイントです。

 

購入したベビーゲートはこちら

3.置くだけタイプのベビーゲートはオススメできない理由

置くだけタイプの簡単なベビーゲートもあるんですけど、オススメはしないです。
編集部
男の子
えっ?どうして?
編集部
君が全力で体重をかけるとニトリの大型ソファーも動くじゃない。テーブルだって動かせるからね。

置くだけタイプのベビーゲートはハイハイの頃しか使えませんね。

私の子どもは1歳半でソファーを動かしました。ニトリの3人座れるタイプのヤツです。30kgのを全力出すと動かせちゃうんですよ…。

 

子どもが全体重をかけると余裕で動きます

  • 30kg以上のソファー
  • 13.7kgのアンパンマンのアスレチック
  • 耐震用の粘着シートを敷いた液晶テレビ

上記3つは動かされました。ご参考まで。

 

これは主観なのですが、ベビーゲートは万が一に備えて使うものです。置くタイプは少なくとも階段上で使うものじゃないよなと思ってます。

まとめ:階段上のベビーゲートは突っ張り棒タイプを使いましょう。

階段上のベビーゲートは突っ張り棒タイプを使えば穴を開けずに済みますよ。

後は階段との距離の問題です。もし階段から50cm離せないのなら2階に登らせない方が良いですね。階段って子どもの落下事故が多い場所ですから…。

 

以上、「ベビーゲートを階段上に穴を開けずに設置できる?『想像より簡単』」という記事でした。

 

購入したベビーゲートはこちら

 

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-育児に適した住宅

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.