育児に適した住宅

アパートで赤ちゃんの泣き声を防音する3つの方法『選び方も大切』

投稿日:

アパートは赤ちゃんの防音対策が必須アパートは赤ちゃんの防音対策が必須

「アパートで育児すると赤ちゃんの泣き声が響かないか心配…。子どもが大きくなったら走り回るだろうし、どうやって防音対策すれば良いのかな。ご近所さんからクレームされるのも怖いし。」

という悩みにお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。

アパートの育児って気を使いますよね。変な人が近くに住んでいて、怒鳴り込んでくるとか恐怖しかありません。だから防音対策って大事です。

 

当記事の内容はこちら

  1. アパートで赤ちゃんの泣き声を防音する3つの方法
  2. 育児しやすいアパートとしにくいアパートの違い
  3. 赤ちゃんの泣き声を防音できないなら引越しもアリです

 

赤ちゃんが泣いても平気な環境だとママのストレスがたまりません。夜泣きとかご近所さんの迷惑を考えちゃって子どもにつらく当たっちゃうじゃないですか。

それってママにも赤ちゃんにも残念です。だから防音は必須です。

SPONSORED LINK

1.アパートで赤ちゃんの泣き声を防音する3つの方法

防音用のフロアマットは安全性も高い防音用のフロアマットは安全性も高い

もうアパートを選び終えてしまっている場合に試して欲しいのは以下の3つです。

  1. 家具の配置替え+床にフロアマット
  2. 防音部屋、防音テントを用意する
  3. 赤ちゃんの寝床を部屋の中心にする

 

最適な方法はアパート選びの段階で防音を意識すること。内窓のある角部屋ならほとんど泣き声は外に出ません。

既にアパートに入居している人は以下の方法をお試し下さい。

方法① 家具の配置替え+床にフロアマット

家具は壁際、床はマット家具は壁際、床はマット

大型の家具は全部『隣部屋と隣接している壁』に配置します。防音効果を発揮します。

床にもフロアマットを敷き詰めます。吸音+赤ちゃんの安全にもつながって便利。

こういうジョイントタイプでOKです。

絶対必要になるものなので早めに準備しておくとラク。赤ちゃんが動き出してから設置って大変です。

方法② 防音部屋、防音テントを用意する

防音設備として『防音部屋』『防音テント』があります。

「赤ちゃんが夜泣きでどうしようも無い…。」

という時の逃げ場になるので便利です。ただ、防音部屋は高いですね。

防音テント『パオ』だと防音部屋の半額くらいで買えます。防音カーテンとかも販売してますので見ておくと良いかと。

方法③ 赤ちゃんの寝床を部屋の中心にする

赤ちゃんの寝床の位置も考えましょう。

角部屋なら隣の部屋がある反対側に配置。隣の部屋との距離があればあるほど音のエネルギーって無くなります。

両側に部屋がある場合は『赤ちゃんの寝床を真ん中』にします。

日当たりなどの問題もあるので優先順位は大切に。防音より赤ちゃんの体調が第一です。

SPONSORED LINK

2.育児しやすいアパートとしにくいアパートの違い

小部屋の和室小部屋の和室

まだアパートを選んでいる段階なら『育児しやすいアパート』を選びます。

以下の2つは絶対条件。

  1. 同アパート内に育児家庭がいるかどうか
  2. エレベーターがあるか

 

防音設備的には『鉄骨』か『線路に近いアパート』なら安心です。線路に近いアパートって最初から防音対策されているので音が響きません。

プラスで近所の人も騒音に慣れてます。

詳しくは「アパートで赤ちゃんを育てるなら。線路沿いが最適な3つの理由」をご覧下さい。

 

和室もあると便利です。子どもの遊び部屋になります。

① 同アパート内に育児家庭がいるかどうか

育児家庭があると多少うるさくてもクレームが来ません。

入居人が既に『鳴れている』ためです。育児家庭が多ければ多いほど安心ですね。

ファミリーカーの数や小さな自転車の有る無しで判断できます。

② エレベーターがあるか

3F以上のアパートならエレベーターが必須。

上の階に住んじゃうとベビーカーを降ろせません。買い物袋を持ったまま抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしつつ階段を登るってハードです。

1Fに住むか、エレベーターのある大型のアパート・マンションに住むかの2択になります。

3.赤ちゃんの泣き声を防音できないなら引越しもアリです

編集部
どうしても赤ちゃんの泣き声によるご近所さんの目がストレスなら引越しもアリです。

 

アパートで赤ちゃんの泣き声が気になる理由って『ご近所さんの迷惑』です。1歳になってトコトコ歩くようになると足音も響きます。

アパートって色んな人が住んでます。子ども嫌いな男性もいます。子どものことを考えると不安になりますよね。

不安でママがストレスを感じると赤ちゃんもストレスを感じます。

親のストレスは子どもの発達にも影響するといわれています。

たたかれて泣きそうな子ども子どもが親に甘えられなくなります

 

ちなみに私は『アパートでの育児が不安』だったので、小さな家を建てました。ほぼ育児のためです。家賃的にも変わりなく子どもも伸び伸び遊んでます。

アパートの不安は『一軒家』に越せば全て解決します。一軒家の社宅に引越すことも考えましょう。

まとめ:防音はママも赤ちゃんにもメリットしかありません

赤ちゃんの泣き声って成長と共に大きくなります。

新生児の頃は可愛くても半年くらい経つと耳が痛いレベル。間違いなく外にも聞こえます。だから防音って大事です。

ちゃんとパパとも相談して対策して下さいね。

壁に設置するタイプのパネルも販売されてます。DIYできないことも無いので予算と相談して対処法を決めましょう。

 

以上、「アパートで赤ちゃんの泣き声を防音する3つの方法『選び方も大切』」という記事でした。

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-育児に適した住宅

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.