育児に適した住宅

『危険』すべり台のある注文住宅をお勧めしない3つの理由『散らかる』

更新日:

中二階のある家

「家を建てようと思ってるんだけど、滑り台とかブランコ、中二階のある家ってどうなんだろう。子どもは喜びそうだよね。」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。

遊び道具のある家って良さそうに感じるんですけど、家の中には設置しない方が良いです。子育て中のママなら分かると思いますが『危険』です。

 

当記事の内容はこちら

  1. ブランコや滑り台付き家をお勧めしない3つの理由
  2. 子どもは『すぐに飽きる』
  3. 遊び道具なら市販のタイプの後付けか庭設置がお勧め

 

2階から滑り台が出てる家ってありますよね。あれ、ママが家事をしてる時に子どもが登って落ちます。左右に柵がある訳でもありません。

そういうママ目線でお答えしていこうと思います。

スポンサーリンク

1.ブランコや滑り台付き家をお勧めしない3つの理由

リビングルーム

例えばこういうデザインに優れた家ってありますよね。

リビングに開放的な階段があったり、ブランコや滑り台が付いている家もあります。

「子どもが遊べる家だ!凄い!」と思われがちですが、以下の3つの理由でお勧めしません。

  1. 子どもが小さい頃の安全面に問題がある
  2. 子どもがいると家の中は散らかる
  3. ベビーゲートなどの設置が難しい

 

まだ出始めたばかりの住宅の形です。安全面に配慮されているのですが、想像しなかった事故などの危険がありますよね。改善されるにはまだ時間がかかるかと思います。

理由① 子どもが小さい頃の安全面に問題がある

子どもが1歳~2歳の歩き始めの頃の安全面に問題があります。

リビングに階段があるだけでも安全面って悩みますよね。扉で区切られているわけじゃないので、子どもが自由に登れちゃうからです。

ブランコや滑り台も一緒。ボルタニングもですね。

ママって常に子どもを気にできるわけじゃありません。家事をしていたり、電話をかけていたら目が離れます。そういう時に滑り台から落ちるとかあり得ますよね。

公園の滑り台も3歳以上は親と一緒に遊ぶことと書いてあります。当然、家の中に滑り台があると子どもは遊ぼうとします。3歳まで我慢できません。

家の中の滑り台なら1歳でも2歳でも安全?そんなわけありませんよね。

理由② 子どもがいると家の中は散らかる

おもちゃで一杯の赤ちゃん

子どもがいると家の中は散らかります。

掃除なんていつもできません。多くても1日1回。子どもが寝た後に片付ける程度。下手したら数日に1回のペースになります。

そういう状況でボルタニングやブランコをしたらどうでしょう。

子どもが落ちた時、着地した時に硬いおもちゃでイタイイタイしちゃいます。

散らかっているので正しい遊び方もできません。

秘密基地的な『大人だと立ち上がれない空間』のある家も大変。掃除できませんからね。

子ども達が楽しんでくれる期間も数年間だけ。それよりも長く住めて家事ストレスの少ない住宅を目指した方が育児はラクですよ。

理由③ ベビーゲートなどの設置が難しい

アート住宅ってベビーゲートなどの設置が大変です。

リビングにオープン階段のある我が家もベビーゲートが設置できずDIYで封鎖しました。

【DIY】リビングのオープン階段にベビーゲートを簡単設置する方法という記事にしています。

 

2階からの滑り台があったら、1階から逆走します。でも滑り台なので封鎖って無理です。途中で身体を乗り出して落ちるかもしれません。

もし、子どもが遊べるタイプの住宅を買うのなら『3歳までの間に危険は無いのかな?遊び道具の取り外しは簡単なのかな?』と考えるべきです。

スポンサーリンク

2.子どもは『すぐに飽きる』

男の子
家にブランコついてるけど飽きちゃった。風景が一緒なんだもん。
女の子
ここの隠し部屋。もう普通の部屋みたい。

こんな感じで子どもってすぐに飽きます。

子どもの遊び道具の注文ってメチャクチャお金がかかります。その遊び道具が設置できるように補強も考えないといけません。構造も変わってきます。

それなのに子どもが飽きちゃうって勿体無いと思いませんか。住居としての機能・・・『断熱材』とかにお金を掛ければ冬も暖かい家に住めますよね。

子どもが1番面白がるのは『親の持ち物』

ちなみにですが子どもが1番興味を持つものって親の持ち物です。

子どものおもちゃには見向きもしないけど、親が普段から触っているスマホは触りたい。こんな感じです。

だから、親が『楽器を弾く』とか『料理ごっこをする』とか、そういうことが子どもが求めていること。ずーっと設置してある遊び道具を使うことじゃありません。

 

※子どもの脳の発達に『遊び』は重要なんですけど、もっと大事なのは栄養面や親とのコミュニケーション時間です。

参考 赤ちゃんが摂取すべき2つの油を紹介『オリーブオイル+米油』

3.遊び道具なら市販のタイプの後付けか庭設置がお勧め

ジャングルジムで遊ぶ子ども

もしどうしても遊び道具を設置したいのならリビングを広くして『市販の遊び道具』を設置しましょう。

  • ジャングルジム
  • ブランコ
  • テント
  • ボールプール

など、たくさんのものが販売されてます。簡単に分解も可能。雨の日だけ組み立てて遊ぶとかできます。大型じゃないので家の設置品より危険が無いのも良いですね。

 

庭に設置するタイプも販売されています。庭なら公園のように遊ぶことができますね。室内設置と違って家の構造を考える必要もありません。お勧めです。

我が家はアンパンマンのジャングルジムを設置しています。

児童館にも大型の室内遊具が設置してある場所があるので、どの程度遊ぶかを試してみると良いですよ。

お勧めの市販品遊び道具3選

市販品の遊び道具を3つご紹介します。

 

まずはジャングルジムです。

滑り台やブランコ付きのタイプもあります。ただ、どんどん大きくなっちゃうのでジャングルジム+滑り台だけのタイプが良いですよ。

こういうタイプですね。

 

次がボールプール

最近は家型になっていて『秘密基地的な雰囲気』が味わえるのもポイント。男の子なら1歳~2歳まで長く遊んでくれます。ただしボールで室内がひどいことになります・・・。使用時は気をつけましょう。

ボールハウス キッズハウス キッズ テント ボールプール プレイハウス ボール プール ボールテント 簡易テント おもちゃ 遊具 子供用 ワンタッチ プレゼント 軽量 秘密基地 ボール100個付き
NEOLEAD

 

最後が車型の遊具

できることはボールプールや滑り台なんですけど、車ならではの『クラクション鳴らし』や『乗り降り』ができます。運転席も座れますよ。

まとめ

子どもと遊ぶなら『遊べる場所』に行くのが1番ラク。公園や児童館に自宅がかなうはずがありません。飽きちゃってますからね。

 

注文遊具に予算を使うくらいなら家や庭を広くして後付け遊具を設置しましょう。庭が広ければアウトドアも楽しめます。

家は『住む場所』として考えた方が良いですよ。わざわざ子どもの事故を増やす場所を作る必要は無いというママ的な結論です。

 

以上、「『危険』ブランコや滑り台付き家をお勧めしない3つの理由『散らかる』」という記事でした。

スポンサーリンク

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-育児に適した住宅

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.