子どものプログラミング

『必修化』子どもにプログラミングを学ばせる目的とは『IT社会』

更新日:

プログラミング必修化の目的

「子どものプログラミングを学ばせる目的ってなんだろう。必修化するのは目的があるからなんだろうけど、子どもの頃からプログラミングなんてできるの?」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。岐阜市で子どもにプログラミングを学ばせる方法なども解説しています。

子どものプログラミング教育の目的は『プログラミングができる技術を学ぶこと』ではなくて、プログラミング的な思考を理解させることが狙いです。

 

当記事の内容はこちら

  1. 子どもにプログラミングを学ばせる目的って?
  2. 子どもがプログラミング技術に興味を持つ2つのメリット
  3. IT社会で子どもが生きていくために必要なこと

 

賢い方は既に子どもにプログラミングを体験させてます。塾に通うよりも英会話とプログラミングを覚えさせることが子どもの将来に役立つと考えているためです。

そういう『将来的なこと』も交えて子どもがプログラミングを学ぶ目的を解説していきますね。

SPONSORED LINK

1.子どもにプログラミングを学ばせる目的って?

オンラインでプログラミングを学ぶ子どもオンラインでプログラミングを学んでいる子ども

プログラミング的思考を身に付けさせるのが目的です。

 

プログラミングに取り組むことを通じて、児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりするといったことは考えられますが、それ自体をねらいとしているのではないということを、まずは押さえておいてください。

引用 小学校プログラミング教育の手引(第二版)

 

上記の文部科学省の小学校プログラミング教育の手引(第二版)に書かれているように、プログラミング技術を習得させるのが狙いじゃないんです。

音楽の授業で『ピアノ演奏の技術を学ぶ』ことはありませんよね。そういうイメージです。

目的:子どもにプログラミング的思考を身に付けさせたいから

  • 何をすればどうなるのか。という考え方を身に付けさせる
  • 自分で判断して解決する『自己判断能力』の習得

この2つを子どもに学ばせるのが狙いです。

 

プログラミングを習得して若いうちに独立する人がいます。最近だとクラウドソーシングを利用して個人でお金を稼ぐプログラマーも増えてます。

これってプログラミング的思考が身に付いているからです。

 

今までの教育との違い

今までって『頑張って勉強して良い学校に行って良い企業に入る』が教育の基本でしたよね。この流れが変わってきてます。

フリーランス人口も増加。個人の技術を生かして仕事を得る人たちが増えてます。外国のように企業に属するんじゃなくて『技術に属する流れ』が来てますね。

「会社の売上が落ちている。僕は生きるためにどうすればいいんだろう?」のようなことを当り前に考えることができる。そういうことができる子どもを育てるためにプログラミング教育が必修化されます。

SPONSORED LINK

2.子どもがプログラミング技術に興味を持つ2つのメリット

  1. 将来、お金を稼ぐスキルになる
  2. 大学試験の必修化に対する備え

上記2つですね。

子どもがプログラミングを学ぶメリット子どもがプログラミングを学ぶメリット

 

プログラミング的思考が身に付くのは当然として、個人でプログラミングを学べば『プログラミング技術』も習得できます。英会話的に需要が高いですね。

編集部
当記事を書いている私の兄はバリバリのプログラマーなので、その情報も含めてお話します。

メリット① 将来、お金を稼ぐスキルになる

プログラミングは個人で仕事を受注して月50万とか稼げます。

個人が個人に仕事を発注する『クラウドソーシング』の大手『クラウドワークス』を見てみましょう。

 

クラウドワークスのキャプチWeb開発・システム設計の仕事

 

こんな感じで案件があります。内容によっては50万円ほどの案件もありますが、スキルが高いと1週間以内に完成できるとのこと。

副業も解禁されています。

ずっと同じ会社で働き続けるって難しくなってるんですよね。倒産も増えてますし、大手企業でもリストラがニュースになってます。そういう時にプログラミングの技術は『自力で稼ぐ武器』になります。

英会話やライティング(文章力)、デザインなどの分野も個人で稼ぎやすいですね。逆にピアノや塾など、今まで定番だった習い事を選ばない親が増えてます。

メリット② 大学試験の必修化に対する備え

政府は17日に開いた未来投資会議で、大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」に、プログラミングなどの情報科目を導入する方針を確認した。

引用 日本経済新聞

良い大学に入りたいなら英語を学ぶみたいにプログラミングも学ばないとダメ。そういう時代になりつつあります。

プログラミングが大学試験の必修化になった場合、子どもの頃から学んでいれば有利になります。

※プログラミングと英会話の両方を学べるオンライン教室とかも登場してますよ。詳しくは『岐阜市で子どもにプログラミングを学ばせる4つの方法【習い事】』という記事でご紹介しています。

オンラインなので全国どこでも学べますよ。

こちら 英語とプログラムングを同時に学べる♪【D-SCHOOLオンライン】

3.IT社会で子どもが生きていくために必要なこと

IT社会で子どもが生きていくためには『考える力』が必要IT社会で子どもが生きていくためには『考える力』が必要

私たちの子どもが20歳になる頃にはほとんどの仕事は自動化されます。

なぜなら、日本は少子化が進んで労働力不足になるから。外国人労働者も増えますが、外国人労働者にできることって限られてます。

だから、今まで見たいに『汗水たらして働けば何とかなる時代』じゃないんです。それはロボットがやりますから。

ロボットは文句も言いません。休憩時間もいりません。人が働くより圧倒的に効率的です。

子どもが自分で食べていくためにはロボットとの差別化が必要になります。

必要なこと:ロボットでできないことを考える力

  • 作業内容の効率化や判断力を養う
  • ロボット化できない仕事を見つける
  • 自動化されても感情が必要なことを考える

こういうことですね。

例えば英会話ってもうほぼ自動化されてます。スマホに日本語で話せば英語に翻訳されますからね。

それでも英会話が必要なのは『感情が伝えられる』から。交渉ごととか、観光とか。外国人に感情を伝えることが求められる内容ってありますよね。

プログラミングでロボットを自動化しても、何を自動化してどう効率化すべきかの方向性を決めるのは人間です。

編集部
ここにプログラミング的思考が役立ちますね。この先、何をどうすれば食べていけるのかを考えて実行する。その力を養うためのプログラミング必修化です。

予想:ほとんどの技術はAI化される

  • 小売店のレジ打ち
  • 工場のライン作業
  • タクシーの運転手(自動運転化)
  • 小さな宅配物(ドローンで配達)

こんな感じです。

最近だと投資も自動化されてますね。CMでおなじみです。

 

実際、成功しているのって発想がぶっ飛んでる人です。ZOZOTOWNの社長さんとか良い例ですよね。今まで誰もしなかったことに挑戦し続けて成功しています。

コツコツ学べば報われる時代じゃありません。

これからの時代を生きるためには子どもに『1つだけ突き抜けた能力』を持たせるのが大切。その候補にプログラミングも入れておきましょう。

まとめ:子どもに自己解決能力を持たせるのが狙いです

プログラミングは子どもに『プログラミング的思考』を学ばせてIT社会でも戦える考え方を身に付けさえるのが狙いです。

もちろんプログラミング技術に興味を持ってしまえばそれはそれでOK。

時代ってどんどん変化していきますね。

私たちも自分たちの子ども時代と同じ考えではいけません。10年後・20年後の世界を想像して、子どもが生きていけるよう育てていきましょう。

 

以上、「『必修化』子どもにプログラミングを学ばせる目的とは『IT社会』」という記事でした。

 

 

人気記事 岐阜市で人気の子どもプログラミング教室を紹介『悩んだらココ』

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-子どものプログラミング

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.