子どものプログラミング

プログラミングが学べる子どものおもちゃ5選『遊んで知育』

更新日:

プログラミングの勉強中

「プログラミングを学べるおもちゃとか無いのかな。遊びながら教育もできるなら最高じゃん。おすすめなものを教えて欲しい。」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。当記事を書いている私の兄はプログラマー。パソコンが自宅に1台無い時代からパソコンがありました。

プログラミングも早いうちから触れておくと英語のように覚えるスピードが上がります。プログラミングをおもちゃで学ぶって大切です。

 

当記事ではプログラミングを学べるおもちゃをご紹介します。自宅で使うのはもちろんプレゼントとしても喜ばれますよ。

「うちの子は稼ぐのに困らない程度の勉強をさせてあげたい。」というあなたはどうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.フィッシャープライス プログラミングロボ コード・A・ピラー DKT39

モーターで動く頭と全身パーツ・サウンドパーツ・右折・左折パーツで自由に行動できるロボットです。

プログラミングに必要な、

「何をすればどうなるのか。」

を低年齢から学べるおもちゃです。対象年齢は3~6歳。

公式動画を観ると使い方がわかりやすいです。

スタートとゴールパーツが用意されています。

各パーツの連結方法で動き方が変わるため、障害物を使って「どうすればスタートからゴールに辿り付けるか。」を子どもに試行錯誤させるのが狙い。

 

男の子
うわー!これは面白いなー!考えるってこんなに楽しいことだったんだ。

 

知育にも使えるのでプレゼント人気になってます。定価が8,000円近かったんですけど、半額くらいまで実売価格は下がってます。

当記事を書いている現在でプログラミングロボ コード・A・ピラー DKT39は断トツの人気ですね。難しすぎない。3歳からプログラミング的な内容を学べる。という点でたくさんのママから指示されてます。

SPONSORED LINK

2.電脳サーキット

電脳サーキット画像引用:電脳サーキット

まずは公式動画をご覧下さい。

101通り以上の組み合わせで実験を楽しめるキットです。電子回路にはハンダ付けが必須でしたが、スナップではめ込むだけでパーツが完成できます。

危険なく『電子回路の勉強』を学べます。

プログラミング教育に必須な『何をどうすれば何が起こるのか』が学べると共に、理系の勉強ができると評判。

ただし、小さい子には危険な部分があります。6歳以上の子どもに使わせましょう。

当記事を書いている私も電子回路とかメチャクチャ苦手でした。理化・数学って得意不得意が分かれます。遊びで早くから学べるって有利ですよ。

3.Ozobot

ozobot
画像引用:ozobot

世界中の学校でプログラミングの教材として使われているロボットです。

Ozobotは色と線を識別します。

紙やスマホに書かれた線に応じて様々な動きをします。ダンスを躍らせたり、迷路を作ったり、Ozobotを使えばゲームを作ることだって可能です。

(迷路を作って特定の線を引くことでゴールさせる、など。)

プログラムの勉強だけでなく色を使っているので『色を使った思考の勉強』にも役立ちます。(赤は危険、黄色は注意など。)

3歳以上から使えますが、内容次第では小学校高学年・中学生でも使うことが可能です。

プログラミングの勉強に役立つ+価格が安い+扱いやすいという3点が揃ってます。小学生以上でプログラミング教材としておもちゃを渡したいならOzobotで決まりかなという感じ。

4.ブロクセル

ブロクセル画像引用:Amazon ブロクセル

ブログセルはボードに置いたパネルがゲームになるおもちゃです。

昔人気だったRPGツクールとかに似ていますね。自分で作る喜びから試行錯誤を重ねて『オリジナルのものを作ろう』という考え。

アプリをダウンロード。

主人公とかもボードにブロックを並べて作成。ステージも同じように作ります。

教育的ツールとしても考えられており、海外では教育の場で使われることがあります。

欠点は遊べるようになるまで時間がかかること。キャラクターやステージを作るって凄く時間がかかります。マインクラフトの方が良いって人もいるので分かれますね。

プログラミング系のおもちゃとしては値段は安め。

5.Sphero SPRK+

sphero画像引用:Sphero

本格的にプログラミングを学びたい子ども向け。

光る、回る、動くなど複数の動きを組み合わせて自由自在に球体を動かします。そのプログラムをするおもちゃ。しかし、おもちゃと言うほど簡単じゃありません。

日本人向けのガイドも少ないので購入には注意が必要。しかし、他のおもちゃに比べてできること・内容が本格的です。

プログラミングスクールに通いつつ自宅で学ぶなら良い教材になります。

まとめ:プログラミングも子どもの習い事の1つに加えましょう

必修科目はどんどん増えています。ダンスはもちろん英語も小学生から学ぶことになりました。今までと同じように『塾に通えばOK』という時代じゃありません。

プログラミングは考える力を育てるだけでなく、将来のスキルにもなります。子どもの頃からプログラミングを身近なものにしておくと子どもが20歳になった時の道が幅広くなりますよ。

 

以上、「プログラミングが学べる子どものおもちゃ5選『遊んで知育』」という記事でした。

 

人気記事 岐阜市で人気の子どもプログラミング教室を紹介『悩んだらココ』

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-子どものプログラミング

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.