スキンケアの方法 赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんのお風呂はベビーソープ?固形石鹸?『選び方を解説』

投稿日:

ベビーソープか固形石鹸か

「赤ちゃんってベビーソープで洗えば良いの?固形石鹸が良いの?先輩ママの選び方を教えて欲しい。」

という疑問にお答えします。

 

赤ちゃんのスキンケア方法を発信しているMamaSukiです。

結論から言うとラクしたいならベビーソープ。赤ちゃんの肌が弱いなら固形石鹸がオススメです。ちなみに我が家はベビーソープを使ってます。

 

当記事の内容はこちら

  1. 赤ちゃんのお風呂はベビーソープ?固形石鹸?3つの選び方
  2. 赤ちゃんに使うベビーソープの選び方
  3. 赤ちゃんに使う固形石鹸の選び方
  4. 私がベビーソープを使った理由について

 

「そんなの絶対ベビーソープの方が良いじゃん!」とも言えません。お医者さんから固形石鹸を勧められたママもいるからです。

大事なのはそれぞれのメリット・デメリットを知ることです。どうぞご覧下さい。

スポンサーリンク

1.赤ちゃんのお風呂はベビーソープ?固形石鹸?3つの選び方

  1. お風呂内の室温
  2. 赤ちゃんの肌質
  3. あなたの力と体力

上記3つです。

 

赤ちゃんの顔の洗い方お風呂は赤ちゃんの肌を清潔にするために必須

 

ベビーソープと固形石鹸は洗浄力が違うだけじゃなくて『手軽さ』も変わってきます。これが選ぶポイントの1つ。お風呂は毎日のことなので『ラクかどうか』って大事です。

選び方① お風呂内の室温

北向きで暖房の無いお風呂だとお風呂内の室温が低いです。

赤ちゃんとママができるだけ早く入浴できるよう少しでも手間を減らしたいもの。固形石鹸は泡立てる手間がかかります。

ベビーソープは基本的に押せば泡が出ます。手軽。

編集部
入浴しながら洗うのもありです。ただし、両手がふさがっちゃうのでベビーソープの使用が基本になりますね。

選び方② 赤ちゃんの肌質

  • 肌が弱い → 固形石鹸
  • 汚れがたまって乳児湿疹になりやすい → 固形石鹸
  • 肌が強い → ベビーソープ

 

ベビーソープは洗浄力が弱めです。界面活性剤も入ってますね。

固形石鹸は洗浄力が強く天然由来のものが多いです。皮膚に汚れのたまりやすい赤ちゃんには固形石鹸でしっかりとした洗浄が必要です。

界面活性剤について

天然由来のものと石油由来のものがあります。天然由来の界面活性剤は肌に優しいです。石油由来の界面活性剤は洗濯洗剤に使われるようなもの。子どもに限らず大人も避けたほうが良いです。

選び方③ あなたの力と体力

赤ちゃんを片手で持ちながら固形石鹸を泡立てるのってメチャクチャ大変です。細身のママだと力的に厳しいですね。

赤ちゃんって徐々に動くようになります。

お風呂が好きな赤ちゃんもいれば大嫌いな赤ちゃんもいます。片手でバランスを保つのが難しい時もチラホラ。お風呂場で赤ちゃんを落とすって多い事故です。(滑りますし。)

 

編集部
赤ちゃんが育ってきたらベビーソープに切り替えるという考えもアリですよ。
スポンサーリンク

2.赤ちゃんに使うベビーソープの選び方

  1. できるだけ添加物の少ないもの
  2. 液体タイプではなくて泡タイプ
アラウベビーの全身ソープアラウベビーの全身ソープは泡タイプ

 

大人と一緒のボディソープは避けましょう。刺激の強いものが多いためです。

ベビーソープのジャンル内で低刺激のものがオススメです。顔を洗う時に目に入っちゃうことがあるためです。

選び方① できるだけ添加物の少ないもの

ベビーソープは固形石鹸に比べると添加物が多いです。

無添加・オーガニックだから安心。と考えずに『成分』を見て判断しましょう。

合成着色料・合成香料・防腐剤・パラペン・シリコンが入っているタイプは避けましょう。

選び方② 液体タイプではなくて泡タイプ

液体タイプは固形石鹸同様に泡立てないとダメです。

液体なので流し忘れもありますね。首の皮辺り・お股の辺りにたまりがち。泡タイプなら目で見て洗い残しが判断できます。

編集部
頭に液体タイプのベビーソープが残っちゃうことが多いですね。自分がズボラだと思ってるママさんは泡タイプの方が良いです。

これは間違いなし!おすすめのベビーソープ

ぬくもり泡シャンプーぬくもり泡シャンプー(ベビーソープ)
  • 99%天然由来+無添加
  • 髪の毛の中まで保湿(チリチリがシットリに)
  • 使って良かったベビーシャンプー率99%
  • 日本化粧品検定協会で紹介

ひよこクラブなどの雑誌でも紹介されていて、たくさんのママに選ばれてます。最初のベビーソープとしてオススメ。

 

\ あーもう!ベビーソープが選べない!のならコレ /

 

3.赤ちゃんに使う固形石鹸の選び方

  1. 天然由来のものだけで作られたもの
  2. 保湿成分が含まれているもの
天然成分の石鹸天然成分の石鹸

選び方① 天然由来のものだけで作られたもの

100%天然植物原料でできたものを選びましょう。固形石鹸の魅力は余分な添加物や材料が入っていないこと。

原料が問題なければ大人向けの石鹸でも使えます。

添加物たっぷりの石鹸添加物たっぷりの石鹸

上記画像のように「黄色406号」「赤色227号」のような着色料が入っているのは避けましょう。PEG-75やエチドロン酸4Naって凄い添加物っぽいですよね。これは皮膚に刺激の無い成分です。

(こういった内容物も検索すれば安全性が出てきます。当り前ですが含まれていないのが1番安心ですね。)

選び方② 保湿成分が含まれているもの

石鹸には高洗浄タイプと保湿タイプがあります。

赤ちゃんに高洗浄力の石鹸は強すぎるので、保湿タイプがオススメです。天然由来の保湿成分が含まれているもの(ホホバオイルなど)、見た目が透明なタイプ(グリセリンを含む)を選ぶと肌がしっとりします。

人気の赤ちゃん用固形石鹸

これが安くて断トツ人気ですね。1つ2,000円くらいのベビー固形石鹸も販売されていますが、そこまで高級品を買う必要は無いです。

うっかりしたボディソープを使うと湿疹ができやすい肌で、体質にあった石鹸やボディソープを探していました。
Twitterで高評価だったこちらとマーナの一番柔らかいタオルをダメ元で試してみた所、ビンゴ!

参考 Amazonのコメント

4.私がベビーソープを使った理由について

湯船に入る赤ちゃん我が家はベビーソープを選びました

私は『固形石鹸が面倒!』だったのでベビーソープを使いました。

定番品のアラウベビー全身ソープですね。

赤ちゃんを支えながら固形石鹸を泡立てられない!

赤ちゃんの首が据わってない時期って両手がふさがります。片手じゃないんです。

片方の手で首を支えてもう片方でお尻を支えて…。この状態で固形石鹸を泡立てるって無理です。

赤ちゃんを一時的に身体で支えて片手でベビーソープを付ける。このササっとした作業の連続。泡が足りないときも簡単に追加できるのが良かったです。

編集部
旦那と2人なら固形石鹸もありですね。でも旦那って仕事で遅かったりじゃないですか。ワンオペ育児を考えるとベビーソープがラク。

冬生まれなので私も赤ちゃんも冷えちゃう。

私の息子は2月生まれ。真冬です。

プラスで我が家のお風呂は北にあります。暖房があるんですけど、それでも寒いです。私も赤ちゃんも冷えちゃいます。

短時間でしっかり洗うことを考えた結果、ベビーソープにしました。風邪を引くよりマシですからね。赤ちゃんはもちろん、ママが風邪を引いちゃうのも大変。夜は眠れないしおっぱいが出なくなるし…。避けたいです。

まとめ:ベビーソープ・固形石鹸は赤ちゃんの肌とママの手軽さで決めましょう。

赤ちゃんに使うものって色々と悩みますよね。

「頭を洗うのはシャンプーが良いの?」

「顔はベビーソープで洗って良いの?」

みたいな疑問の連続です。どうしても決められないなら、赤ちゃんの肌質とママの手軽さで決めちゃいましょう。悩んで買っても赤ちゃんに合わないことがあります。そういう時は素直に諦めて別なものを使います。

全部を手間のかかることにしちゃうと育児で疲れて倒れちゃいます。ママの手軽さも選び方の1つですよ。

 

以上、「赤ちゃんのお風呂はベビーソープ?固形石鹸?『選び方を解説』」という記事でした。

 

スポンサーリンク

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-スキンケアの方法, 赤ちゃんのスキンケア

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.