スキンケアの方法 赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんのスキンケアの回数『正しい保湿でずっとモチモチ肌に』

更新日:

モチモチ肌な赤ちゃんモチモチ肌な赤ちゃん

「赤ちゃんのスキンケアの回数がしりたいわ。保湿が必要なのは分かるけど、やり過ぎもダメだろうし・・・。季節によっても違うわよね。先輩ママはどうしてるの?」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。

赤ちゃんってモッチリ肌なはずなのに、カサカサになっちゃったり、背中に汗もができちゃったりしますよね・・・。それ、スキンケアが間違ってる可能性があります。

当記事で正しいスキンケアの回数を学んで、思わず触りたくなるあのほっぺたを取り戻しましょう。

 

当記事の内容はこちら

  1. 基本の赤ちゃんのスキンケアの回数について
  2. 季節ごとの赤ちゃんのスキンケア方法と回数
  3. 赤ちゃんのスキンケアグッズに応じた回数

 

赤ちゃんの肌がボロボロだと他のママさんやお姑さんの目が厳しいんですよね。正直言えば「忙しくてスキンケアまでできない。」んですけど、赤ちゃんの状態で親のことって判断されちゃいます。

あなた自信のためにもスキンケアの回数を知ることって大事です。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.基本の赤ちゃんのスキンケアの回数について

赤ちゃんのスキンケアは1日5回赤ちゃんのスキンケアは1日5回

基本の赤ちゃんのスキンケア回数からお話します。

『基本』というのは、季節や身体の部位によって回数が変わってくるから。さらに言うと使う保湿剤によっても回数って違うんですよ。

編集部
オイルなのかローションなのか。それとも併用なのか。そういうのも大事なんです。ちょっと難しいですね。

基本の回数:1日5回。手・足・ほっぺは入念に。

赤ちゃんに必要なスキンケアの回数は1日5回です。

「えっ!1日5回もするの!」って思いますよね。しちゃうんです。

というのも、赤ちゃんってモッチリ肌なイメージなんですけど、大人より肌が薄いんです。2分の1の厚みしかありません。

水分を貯めておけないんですね。

風が強いとか、そういうことでもすぐ乾燥しちゃいます。細かくスキンケアするのが大切。

 

早速回数を増やしましょう。

タイミングの目安としては朝夜を中心に、ほっぺたや足が乾燥してきたら保湿すればOKです。オムツ替えの時とか手間なくて良いですよ。

ついでにママの手のスキンケアにもなって一石二鳥。

SPONSORED LINK

2.季節ごとの赤ちゃんのスキンケア方法と回数

夏は紫外線が強い夏は紫外線が強い

次に季節ごとの赤ちゃんのスキンケア回数をお話します。

やっぱり季節でスキンケアの方法や回数って変わってくるんですよ。夏なのにオイルたんまりだと皮脂がつまってニキビになっちゃいます。

こういうトコロを他のママさんやお姑さんに見られちゃうんですね・・・。

秋と冬:スキンケアの回数を増やす(乾燥したら即保湿)

秋と冬は乾燥が進みます。湿度が無いだけじゃなくて風も強いですからね。

赤ちゃんのスキンケアの回数も増やします。

 

基本の1日5回+肌が見えている部分が乾燥したら即保湿

 

赤ちゃんの部屋に加湿も設置しとくと良いですよ。適度に潤いを保てます。

ちなみに高いのじゃなくて安いのでOK。赤ちゃんが大きくなってきたらガチャーンって倒されますので、机の上とかで使えるのがお勧め。

インフルエンザ対策にもなるのでポチりましょう。ここをケチっちゃうとママが大変です。

春と夏:保湿できる日焼け止めやローションを活用する

春と夏は紫外線が強い時期。

特にここ数年って紫外線の強さがヤバイです。厚生労働省からも『紫外線が強いので赤ちゃんとの外出は気をつけて下さいね。』ってなってます。

 

日焼け止めとローションを活用しましょう。ローションならミルクやオイルほど皮脂を詰まらせる危険がありません。

日焼け止めは肌を紫外線から守るのに必須。肌にダメージがあると雑菌とかも入ってきちゃいます。

ちなみにエンジェルUVスプレーのように保湿+日焼け止めになるグッズも登場しています。ママにも使えます。ワンシーズンのものなので買っておきましょう。

赤ちゃんのためのグッズを出すと周りのママも「さすが」とか思ってくれます。

3.赤ちゃんのスキンケアグッズに応じた回数

ベビーローション赤ちゃんのスキンケアグッズ

 

赤ちゃんのスキンケアグッズに応じても回数って変わってきます。

 

スキンケアグッズの使う順番スキンケアグッズの使う順番

ローションやミルクは肌に浸透します。オイルは水分を閉じ込めるための物。

化粧水と乳液の関係と同じですね。

先にオイルを塗ってからローションを塗っても肌に浸透しません。

それぞれ使用回数も変わってきます。

サラサラしているものから塗っていくイメージですね。

クリームとオイル:回数は少なめに

クリームとオイルは回数を少なめにしましょう。

乳液を塗りすぎるとニキビが出るのと同じで、赤ちゃんの肌も詰まっちゃいます。量もそれほど塗らなくてOKです。

ちなみに馬油やオリーブオイルなんかも使えます。市販のオリーブオイルは『食用タイプ』なので、逆に肌荒れの原因になります。

『オリーブオイル成分の入ったスキンケアグッズ』を使うようにしましょう。

ローションとミルク:回数を多めに

ローションとミルクは回数を多めにします。赤ちゃんの肌に浸透させるためです。

頻繁に使うものなので低刺激・オーガニックタイプがお勧め。

皮膚バリア:1日1回でOK

角質層に浸透する『皮膚バリア』という製品もあります。

これ、賢いママさんが使っているもの。インスタとかでも話題になってます。詳しくは以下の記事をご覧下さい。

参考 ファムズベビーをレビュー『アトピー可の新生児から使える肌バリア』

ファムズベビー
ファムズベビーをレビュー『アトピー可の新生児から使える肌バリア』

ファムズベビー 「子どもが0歳なのにアトピー。刺激が少なくて肌を守ったり保湿できるものって無いのかな。毎日使うものだから、効果的でコスパの良いものが欲しい・・・。」 という悩みにお答えします。 &nb ...

続きを見る

まとめ:赤ちゃんの肌はママの努力の結晶です。

赤ちゃんの肌はママの頑張りでモッチリスベスベになるものです。

だから他のママさんとかお姑さん・親戚なんかも赤ちゃんの肌を気にしちゃうんですね。

逆に『どうやったらこんなにスベスベの肌にできるのー!』みたいに聞かれるあなたを想像してください。嬉しいですよね。

その喜び以上に1番嬉しいのは赤ちゃんです。肌がかゆくないし、プリプリしてる。乾燥肌だとかゆさで夜泣きもしちゃいます。

 

この記事を見た今日から赤ちゃんのスキンケアの回数を増やしてみましょう。

 

以上、「赤ちゃんのスキンケアの回数『正しい保湿でずっとモチモチ肌に』」という記事でした。

 

赤ちゃんのスキンケア方法も読まれています。

関連記事 赤ちゃんのスキンケア方法『保湿とコミュニケーションでニッコリ』

赤ちゃんのスキンケア方法について
赤ちゃんのスキンケア方法『保湿とコミュニケーションでニッコリ』

「赤ちゃんのスキンケアってどうすれば良いんだろう。手順や方法、回数はもちろん、使った方が良いベビーローションとかも教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児メディアMama ...

続きを見る

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-スキンケアの方法, 赤ちゃんのスキンケア
-

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.