スキンケアの方法 赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんのスキンケアが紫外線防御に必須な理由『要日焼け止め』

更新日:

紫外線が強くなる夏紫外線が強くなる夏は赤ちゃんのスキンケア必須

「赤ちゃんのスキンケアって紫外線防御に必要って聞くけどどういうこと?日焼け止めじゃだめなの?でも、日光に浴びた方が良いって話も聞くし…。」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。私の長男はすぐに日焼けする体質で赤ちゃんの頃から肌が黒くなってました。

1998年から母子手帳に『日光浴』と書かれることも無くなっています。赤ちゃんのスキンケアで紫外線防御するのは必須の時代です。

 

当記事の内容はこちら

  1. 赤ちゃんのスキンケアが紫外線防御に必須な理由
  2. 赤ちゃんの紫外線防御をする注意点

 

「最近陽射しが強いけど赤ちゃんって大丈夫なのかな。」という状況が既に危険なことが分かります。日光と正しく付き合いましょう。

どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

1.赤ちゃんのスキンケアが紫外線防御に必須な理由

  1. 大人に比べて外部刺激を受けやすい
  2. 地面からの照り返しの影響を受けやすい
  3. 日焼けで水分が外に出ていきやすい

この3つが理由です。

 

赤ちゃんに紫外線対策は必須赤ちゃんに紫外線対策は必須

 

昔に比べて紫外線は強くなっています。

母子手帳からも赤ちゃんの日光浴に関する記述が削除されています。

ビタミンDを作るために適度な日光浴は必要です。しかし、正しいスキンケアを行い『健康な肌の状態』を考えることが必須。

赤ちゃんのスキンケアで紫外線防御は『手順の1つ』だと覚えておきましょう。

 

※赤ちゃんの正しいスキンケア方法については「赤ちゃんのスキンケア方法『保湿とコミュニケーションでニッコリ』」という記事をご覧下さい。

理由① 大人に比べて外部刺激を受けやすい

赤ちゃんは大人より肌が薄くて弱いので、ちょっとしたことでダメージを受けます。

日焼けで赤くなるのは紫外線で肌がやけどをしている状態。

ただでさえ弱い皮膚バリアがなくなっているような状態なので、雑菌が簡単に入り込みます。しかも赤ちゃんってキレイ汚いが分かりません。

 

赤ちゃん
ダァダァ。これ何だろう?(猫の糞をギュッ!)

 

みたいなことがあります。

スキンケアで皮膚の状態を保ってあげないと紫外線でドンドン皮膚がダメージを受けていきます。

理由② 地面からの照り返しの影響を受けやすい

屋外にいる人は、上空から地上に向かう紫外線(太陽からの直射光と大気で散乱された光をあわせたもの)を浴びるだけでなく、地表面で反射された紫外線も浴びています。

引用 気象庁 紫外線の性質

 

紫外線照り返しのパーセンテージ

  • 芝生・アスファルト 10%
  • 砂浜 25%
  • 新雪 80%
ベビーカーは地面に近いベビーカーは地面に近い

 

赤ちゃんってベビーカーに乗ってます。ベビーカーは地面に近いので、照り返しで大人以上の紫外線を浴びてます。

先ほど書いた『照り返しのパーセンテージ』で、芝生がアスファルトと同じ10%でした。

これは「アスファルトって照り返し少ないのね♪」ってことじゃありません。芝生の照り返しが大きいことに注目すべき。

公園を散歩しているだけでも大人以上の紫外線を浴びてます。

スキンケアをして水分量や肌質を保ってあげないとどんどん『やけど状態』になってしまいます。

理由③ 日焼けで水分が外に出ていきやすい

編集部
赤ちゃんの肌の厚みは大人の2分の1。保てる水分量も多くありません。

紫外線が強いと赤ちゃんがどんどん乾燥していきます。

外出前に保湿ローション・日焼け止めを塗っていれば事前に潤う状態ですよね。それをしていないと、乾燥した状態からどんどん乾燥していきます。

 

外に出たら乾燥が始まると思って、外出前のスキンケアは必須です。大人と一緒です。

SPONSORED LINK

2.赤ちゃんの紫外線防御をする注意点

  • 首・足・手・顔に注意して塗る
  • 日焼け止めの選び方:刺激の弱いもの(マイルドタイプ)

この2点を気をつけましょう。

 

赤ちゃんは手足が日焼けしやすい赤ちゃんは手足が日焼けしやすい

 

赤ちゃんはまだ靴を履いていません。夏だと靴下も履きませんよね。半袖…ランニングタイプで外出しちゃうタイミングもあるでしょう。

赤ちゃんならではの状況を考えた日焼け止めが必要です。

首・足・手・顔に注意して塗る

赤ちゃんが露出している肌で日焼けしやすいのが『首・足・手・顔』です。

特に手と足ですね。

顔や首は大人と一緒なので注意して塗れます。でも手と足って気をつけませんよね。

 

ポイント

さらに言うと、口を拭いた後と手足を洗った後も日焼け止めの塗りなおしが必要です。特に口回り。赤ちゃんはよだれでどんどん日焼け止めを落とします。

定期的に塗りなおしが必要です。

日焼け止めの選び方:刺激の弱いもの(マイルドタイプ)

ミルふわベビー用の日焼け止めを使用

大人用の日焼け止めを使うんじゃなくて、ベビー用の日焼け止めを使いましょう。

大人系の日焼け止めは刺激が強すぎて赤ちゃんの肌には合わないことがあります。

「水遊び用」「散歩用」など、用途別にも販売されています。シチュエーションに合ったものを選べばOKです。

 

皮膚バリアでお馴染のファムズベビーからも日焼け止めが登場しています。

エンジェルUVスプレーエンジェルUVスプレー

皮膚バリア+スキンケア+紫外線カットができるので、赤ちゃんだけでなくママも使えます。

外出頻度の多いママにはこちらがオススメです。

赤ちゃんの日焼け対策グッズを使っている口コミについて

1本で複数の効果があるものを使っている人が多いですね。

 

赤ちゃん用の虫除けスプレーをすでに持っていたので、日焼け止め専用のアロベビーのUVクリームとかなり迷いましたが、これが本当に、小さな子どもに使用する日焼け止めとしては、超便利で!ズボラな私にピッタリ!

引用 続こたつむり主婦の気ままな暮らし

 

人気のアロベビーを使用した口コミです。クリームタイプより手軽なミストタイプが使いやすいとのこと。なるほど…。

編集部
日ごろから使うものってラクしたいですよね。育児ってストレスとの戦いですから…。

まとめ:正しいスキンケアは赤ちゃんを守ってくれます

スキンケアって『美容』のイメージが強いんですけど、赤ちゃんには自分を守る肌を整える大事なもの。しかも自分でスキンケアができません。

赤ちゃんの肌ってママの頑張りでできてます。

真夏の外出はつらいですよね。赤ちゃんも一緒です。だから大人以上に熱心に紫外線防御をしてモチモチ肌を維持してあげましょう。

 

以上、「赤ちゃんのスキンケアが紫外線防御に必須な理由『要日焼け止め』」という記事でした。

 

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-スキンケアの方法, 赤ちゃんのスキンケア

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.