イヤイヤ期の対処法 歯磨きしない時

子どもの口内環境を整えて虫歯を予防する方法『乳酸菌で解決』

投稿日:

子どもの口内環境と虫歯予防について

「子どもの虫歯予防って何をすれば良いんだろう。歯みがき前に寝ちゃうこともあるし、ギャン泣きで適当に終わらせちゃうこともあるし…。口内環境を整えると予防になったりしないのかな?」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。イヤイヤの激しい長男を育ててまして、ついつい歯みがきも適当になっちゃいます。それでも2歳の現在で虫歯ゼロです。

 

当記事の内容はこちら

  1. 子どもの口内環境を整えて虫歯を予防する方法
  2. 子どもの口内環境を整える食事について
  3. こんな子どもに口内環境を整える取り組みが有効!

 

私たちは医者じゃないので『治療』はできませんが『予防』はできます。実際に長男の虫歯ゼロを維持している私なので共感して頂けるんじゃないかなと思ってます。

子どもの虫歯が不安なあなたはどうぞご覧ください。

SPONSORED LINK

1.子どもの口内環境を整えて虫歯を予防する方法

  1. 口内の乳酸菌を増やす
  2. 鼻を詰まらせないようにする
  3. うがいを覚えさせる
  4. 歯ブラシを良く洗う

この4つですね。

新米ママ
あ、何かすぐにできそう!
簡単なことで予防できるんですよ。今日から早速実践してくださいね。
編集部

方法① 口内の乳酸菌を増やす

口内の乳酸菌を増やして善玉菌を増やす口内の乳酸菌を増やして善玉菌を増やす

乳酸菌は善玉菌です。口内の善玉菌を増やすと口内環境が良くなって虫歯予防になります。

口内フローラには良い菌だけでなく、私たちの口内環境に悪影響を及ぼす虫歯菌や歯周病菌などの病原菌も存在します。お口のケアが不十分だと、こうした病原菌が増殖して、虫歯や歯周病などの様々なお口のトラブルを引き起こします。

引用 森永乳業

新米ママ
ママの使った箸で子どもにご飯あげちゃうのも、口内環境が悪化するからダメなのね。
そういうことです!
編集部

善玉菌で分かりやすいのが乳酸菌。子どもでも摂取が簡単+身近なものに含まれてます。

 

子どもの口内の乳酸菌を増やす方法まとめ

  • ヨーグルトなどの乳酸菌が含まれた食事をする
  • 乳酸菌が含まれた子ども用歯みがき粉を使う

 

はっぴーす乳酸菌が含まれている歯みがき粉

例えばはっぴーすは乳酸菌で口内フローラを整えつつ、口内に入ってきてしまった虫歯菌はラクトフェリンが無力化するという発想です。

我が家でも使ってます。(味が良いらしくて子どもが歯みがきしてくれるのが1番嬉しい。)

方法② 鼻を詰まらせないようにする

メルシーポット本体鼻が詰まると口呼吸になる

口の中が乾くと口内環境が悪くなります。鼻が詰まると口呼吸になるので寝ている間に口内環境が悪化しますね。

唾液には抗菌作用があり、口の雑菌の繁殖を防いでくれています。

引用 口腔外科相談室

赤ちゃんのうちは鼻呼吸中心です。口で呼吸できないので鼻が詰まると苦しくなります。そういう状況の改善にもなりますので、とにかく鼻は詰まらせないことが大事。

 

鼻水を吸うオススメグッズ

自宅で鼻水を吸うならメルシーポットを使いましょう。耳鼻科レベルの吸引が自宅で可能です。手動の鼻水器も試した経験があるのですが、全く吸えませんでした…。電動が良いです。

方法③ うがいを覚えさせる

うがいで口の中の汚れを落とすうがいで口の中の汚れを落とす

うがいで『ぐちゅぐちゅぺー』を覚えさせましょう。口の中の汚れを落とせます。大人が子どもの歯みがきをする場合は見落としが増えます。見落としの汚れを落としやすくなりますね。

とは言えうがいを覚えさせるのって大変です。特に歯みがきの後は『眠い』ので嫌がって口に水を入れない子がいます。

お風呂場で先にうがいをさせましょう。

 

  • 水をこぼされても平気
  • 何回でもチャレンジできる
  • 歯みがき前でも汚れは落とせる

 

メリットが上記の通りです。

方法④ 歯ブラシを良く洗う

歯ブラシも汚れていると菌が増えます。特に子どもの歯ブラシって『適当に水でゆすぐだけ』で終わっちゃいますよね。

そうじゃなくて、使うたびに丁寧に洗いましょう。歯ブラシの清潔な状態を保つことで口の中に余分な菌を与えなくて済みます。

以下の方法も一緒に試すと効果的です。

  • 大人の歯ブラシと一緒の場所で保管しない
  • 歯ブラシを洗った後は水気を拭き取る
  • 台所で保管しない
  • 適度に交換する

 

SPONSORED LINK

2.子どもの口内環境を整える食事について

口内環境はヨーグルトで整える口内環境はヨーグルトで整える

以下の2つを食事に取り入れましょう。

  1. ヨーグルト(乳酸菌)
  2. 甘いもの・ベタっとしたものを控える

 

新米ママ
やっぱり当たり前のことが大事なんだね。
そうですね。お菓子ばっかり与えないとか、そういうことが大事です。
編集部

食事① ヨーグルト(乳酸菌)

口内の乳酸菌を増やすのに適した食べ物がヨーグルトです。

 

  • 子どもが好き
  • ヨーグルトメーカーで量産可能
  • 月齢が低い子でも食べられる
  • インフルエンザ予防が期待できる

 

R-1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで量産すれば口内環境の改善+インフルエンザ予防になりますね。お得です。

乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトが、インフルエンザワクチン接種後の抗体価をより高めるためのアジュバント(※)として働き、インフルエンザワクチンの効果を高める可能性があるということを明らかにした

引用 meiji

 

我が家でもヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作っています。市販のヨーグルトは『加糖』されているものが多いです。糖分を操作したヨーグルトが作れるのが魅力的ですね。

 

R-1ヨーグルトも作れるヨーグルトメーカー

食事② 甘いもの・ベタっとしたものを控える

糖分が口に残っていると悪玉菌が酸を作る材料になります。甘いものはできる限り減らしましょう。

また、甘いものを『ゆっくりと食べる状況』や『べたっとして口に残ってしまうもの』も虫歯の原因になります。

 

  • アメ、キャラメル
  • ケチャップ、ウスターソース
  • ジュース

 

甘いもの=お菓子ではありません。みりんなど糖分の多い調味料は注意が必要です。甘いものなら『イモ類』など、自然的なもので摂取すると良いですね。

3.こんな子どもに口内環境を整える取り組みが有効!

こんな子どもに口内環境を整える取り組みがお勧め

  • 歯みがきが嫌い
  • 歯を磨く前に眠ってしまう
  • 甘いものが好き
  • 何でも口に入れてしまう

もう1度、口内環境を整えるお勧めグッズをご紹介しますね。

乳酸菌入りの歯みがき粉

こちら 子供向け歯磨き粉【はっぴーす】

 

3歳以降の子で歯みがきが嫌いなら以下のアプリが使えます。

参考 『歯磨きアプリ』はみがき勇者で遊んで楽しく歯磨き『嫌から笑顔に』

まとめ:口内環境を整えて虫歯予防をしましょう

子どもの歯みがきって大変なんですよね。私たちはしっかり磨いてあげたいんですけど、本気になって抵抗してきます。

私たちも時間がないので『このくらいでいっか…。』と止めちゃいます。それが原因で虫歯になるんですよね。なので、せめて虫歯になりにくい状況は作り出してあげましょう。

当記事の方法は時間のないママさんでも簡単に取り組めることばかりです。どうぞお役立てください。

 

以上、「子どもの口内環境を整えて虫歯を予防する方法『乳酸菌で解決』」という記事でした。

 

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-イヤイヤ期の対処法, 歯磨きしない時

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.