イヤイヤ期の対処法 ご飯を食べない時

【結論】イヤイヤ期のランチが疲れる3つの理由『テイクアウトにすべき』

投稿日:

イヤイヤ期の子どもと食べた

「子どもがイヤイヤ期なんだけど、一緒にランチ行っても大丈夫なのかな。たまにはご飯を作らずに食べたいし・・・。お店だったら少しは静かにしてくれるよね。」

という疑問にお答えします。

 

岐阜の育児メディアMamaSukiです。

イヤイヤ期のランチは疲れます。お店選びに失敗するとどうにもならないので、思い付きで行くべきではありません。

 

当記事の内容はこちら

  1. イヤイヤ期のランチが疲れる3つの理由
  2. 簡単に美味しいものを食べたいなら『テイクアウト』
  3. 気疲れで食事の味も分からなくなります。

 

特にママとキッズ2人のランチは危険。泣いちゃったとしても外に連れ出せません。他にも疲れる理由ってあるんです。

詳しくお話しますね。

スポンサーリンク

1.イヤイヤ期のランチが疲れる3つの理由

オシャレなカフェ

経験上、イヤイヤ期のランチが疲れる理由は以下の3つです。

  1. 食事をするより子どもの遊びたいが勝ってしまう
  2. キッズチェアに大人しく座ってくれない
  3. テーブルを汚してしまう

 

子どもの集中力って続きません。最初は大人しくしていても20分くらいで飽きます。なので、イヤイヤ期の子どもと2人きりのランチって危険です。

理由① 食事をするより子どもの遊びたいが勝ってしまう

ランチが来る前に子どもの『遊びたい』が勝っちゃいます。

すると、ランチが届いたくらいに動き出してどこかに行こうとします。あなたはランチを食べる前・子どもに食事をさせる前に子どもをつれてこないといけません。

ソファー席ならまだ良いんですけど、テーブル+椅子の席だと30分以上経ってもランチが食べられませんね。

理由② キッズチェアにおとなしく座ってくれない

涙の男の子
キッズチェアなんてイヤー!大人と一緒の椅子に座るー!

イヤイヤ期の子どもはキッズチェアにおとなしく座ってくれません。

ベルトが付いていてもムダ。

 

  • 動き出す
  • 動けないと分かると泣く
  • わざとキッズチェアを揺らして興味を引こうとする
  • テーブルの上に立とうとする

 

この繰り返しになりますね。大人が2人いても大変なので、1人だとご飯を食べるのが無理になります。

理由③ テーブルを汚してしまう

子どもの食事はテーブルが汚れるものですけど、イヤイヤ期の場合は想像以上に汚れます。

わざと水をこぼしてビチャビチャ遊び出すのは当り前。大人のものを手で取ろうとして、近くのお皿を動かしたり散らかしたりします。

お店の人がおもちゃを貸してくれることもありますよね。そのおもちゃも汚しちゃうんで、気持ち的にお店にいられなくなっちゃいます。

スポンサーリンク

2.簡単に美味しいものを食べたいなら『テイクアウト』

テイクアウトのピザ

イヤイヤ期の時に美味しいものを食べたくなったら『テイクアウト』を強くお勧めします。

というのも、家の中なら汚されたり泣かれても平気だから。

 

当記事を書いている我が家の鉄板テイクアウトは以下の通りですね。

 

  • コストコのピザやホットドック
  • マクドナルドなどのファストフード
  • ナンを選べるカレー屋のカレー

 

特にカレーお勧めです。

ナンもカレーもレンジで簡単に温められます。熱々の状態で食べられるので美味しいです。ちなみにナンなら2歳児は食べられますね。(アレルギーだけご注意下さい。)

お店によってはお子様系のカレーも持ち帰り可能。一緒のものを食べていると子どもも喜びます。

 

※1歳児後半の早いイヤイヤ期は濃い味に注意しましょう。子どもって塩分の摂りすぎが特に良くないですからね。

詳しくは「『1歳児』大人と同じものを食べたがる時の対処法『濃い味注意』」という記事もご覧下さい。

大人のものを食べたがる1歳児
『1歳児』大人と同じものを食べたがる時の対処法『濃い味注意』

男の子あ、何食べてるの!?それ美味しそう!いつもの僕のご飯なんていらないから、それ食べさせてよ!そうしないと泣いちゃうぞ・・・! という1歳児のワガママにお困りでは無いでしょうか。   育児 ...

続きを見る

3.気疲れで食事の味も分からなくなります。

編集部
イヤイヤ期の子どもと2人でランチしても味が分かりません。

イヤイヤ期の子どもの対応に疲れちゃってランチを食べる頃には冷めちゃってます。

プラスで、お客さんや店員さんの誰もが『育児に理解がある』とは限りません。ここが気になっちゃうと食事の味も分からなくなります。

他の人の目が気になるとお店を出るしかない

当記事を書いている私も公園近くのオシャレなカフェで子どもとランチをすることがありました。

そこは育児中のママさんOKのお店。市が提供している育児カードを出すとサービスがあります。

参考 ぎふっこカード

 

でもオシャレなカフェなのでカップルやママ会の人が多かったんですね。その日に限って子どもがゴキゲン悪くずっと泣いてました。

周りがチラチラこちらを見てくるんです。

何とか泣き止まそうとあやしたり、1度は外に出たりもしたんですけどダメでした。

結局、冷めたランチを一気に流し込んで退店。

 

こんな状況ならランチしない方がマシですよね。なのでイヤイヤ期の子どもとランチをするなら大人数や大人が多い状況にするべきです。

まとめ

旦那がいる時だけランチするとラクですよー!泣いたりしても一人が外に連れて行けるので。

でも基本はテイクアウトが良いですね。子どもも家の中の方が走り回れて楽しそうですし。公園で食べちゃうという選択もできます。

ただでさえ育児で疲れちゃってるので、さらに疲れるような状況だけは避けましょう。

 

以上、「【結論】イヤイヤ期のランチが疲れる3つの理由『テイクアウトにすべき』」という記事でした。

スポンサーリンク

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-イヤイヤ期の対処法, ご飯を食べない時

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.