イヤイヤ期の対処法 ご飯を食べない時

『1歳児』大人と同じものを食べたがる時の対処法『濃い味注意』

更新日:

大人のものを食べたがる1歳児

男の子
あ、何食べてるの!?それ美味しそう!いつもの僕のご飯なんていらないから、それ食べさせてよ!そうしないと泣いちゃうぞ・・・!

という1歳児のワガママにお困りでは無いでしょうか。

 

育児研究室MamaSukiです。

大人と同じものを食べたがったら、薄味のものを作って一緒に食べましょう。色々試しましたけどこれが1番ラク。

 

当記事の内容はこちら

  1. 大人と同じものを食べたがる時の対処法『薄味のものを一緒に食べる』
  2. 刺激物、添加物の多いものはNG
  3. 困った時は『カレー』が便利

 

1歳半ばになると離乳食から『食事』に切り替わってきます。練習も兼ねて大人と一緒のメニューを食べさせるのはアリです。

ただ、同じ味付けは健康的にもNG。オススメメニューも紹介しますね。

SPONSORED LINK

1.大人と同じものを食べたがる時の対処法『薄味のものを一緒に食べる』

赤ちゃんとお餅

1歳児は大人と一緒のことがしたくなる年頃。

「パパママと一緒のものが食べたい!」と思うと他の物を食べなくなります。どころかわざと吐き出します。

こうなると手が付けられませんので、最初から『一緒のメニュー』を作っておくのがオススメ。少しでも食べれば満足しますからね。

 

薄味を前提として、以下の3つの方法をお試し下さい。

  1. 同じメニューを取り分けて食べさせる
  2. 一部を共同メニューにする
  3. 素材の味で美味しいものを与える

 

対処法① 同じメニューを取り分けて食べさせる

最初から『親も子どもも一緒に食べるメニュー』にします。

一緒のお箸で取り分けちゃうと虫歯菌がうつります。食べる前に子ども用の分だけ取り分けておきましょうね。

後述しますが、かぼちゃ・サツマイモのように味付けをしなくても美味しく食べられるものが便利です。

たまに親が食べている容器のを欲しがりますけど、

「ほら、〇〇ちゃんも同じの食べてるよ!」

と説得すると納得します。こういうトコロは不思議。

対処法② 一部を共同メニューにする

全部を共同メニューにするんじゃなくて、一部だけを子どもと一緒のメニューにします。

子ども用のレシピを大人が食べる形がオススメ。結局、家の味付けを子ども用にしちゃうのが安心なんですよね。大人が食べるものだけ各自が調味料を使えばOK。

対処法③ 素材の味で美味しいものを与える

素材の味で美味しいものなら子どもも大人もパクパク食べられます。身体に悪いものがありませんからね。

かぼちゃ・サツマイモ・里芋などの『イモ類』の煮物がオススメ。

子どもが食べたがったら、潰して子ども用のメニューと混ぜることができるからです。味をつけていないので大体何にでも加えられます。

編集部
我が家では常にかぼちゃ・サツマイモを常備してます。おやつにも使えて便利
SPONSORED LINK

2.刺激物、添加物の多いものは

お惣菜

繰り返し『素材の味を生かしたものが便利』とお話してきました。というのも、刺激の強いもの・添加物の一杯入ったものは健康に悪いからです。

さらに言うと子どもは甘系のものが好きなので吐き出しちゃう。

特に以下の3つの食べ物は要注意です。

  1. 唐辛子・香辛料
  2. 砂糖の多いもの
  3. 塩味の強いもの

 

NG品① 唐辛子・香辛料

一味・胡椒・ハーブ類は与えないようにします。

刺激が強すぎるためお腹を下す恐れがあります。こういうものは口に入れた段階で嫌がって吐き出すと思いますが、飲み込んじゃう危険もありますからね。

うちでは1回だけチューブのカラシをなめてしまった経験があります。餃子用に出しておいたんですけど、指にチャっと付けてなめちゃったんです。

やっぱりずーっと舌を外に出して困った顔をしてました・・・。申し訳なかった・・・。

NG品② 砂糖の多いもの

甘すぎるものもNGです。特に砂糖には要注意。

甘いものは喜んじゃうので際限なく食べます。ただ、砂糖に慣れちゃうと『砂糖を入れたものしか食べない状況』になります。

健康的にも良いと言えません。砂糖を入れるにしても少量にしておきましょう。

NG品③ 塩味の強いもの

1歳児が食塩水を飲んで塩化ナトリウム(食塩)中毒で亡くなった事件があります。

 

015年8月、1才の子が食塩中毒で死亡する事故が起き、報道されました。赤ちゃんの食塩中毒について、小児科専門医の市川光太郎先生に聞きました。

「食塩を大量に摂取すると、体内の水分がたくさん使われ、細胞が脱水状態になります。とくに脳の細胞は弱いので、食塩中毒になるとぐったりする、けいれんを起こすなどの症状が起こります」(市川先生)

赤ちゃんが約10gの食塩を一度に摂取すると、命にかかわる危険な状態になるそうです。

参考 たまひよ 【食塩中毒】赤ちゃんの食塩のとりすぎは中毒に!どのくらい与えたら危険?

 

カップヌードルの塩味でも塩分は4.9g。

10gの摂取は無いかと思いますが、日ごろから塩分には注意しておきましょう。特におつまみ系の食べ物は塩分多いですからね。危険。

3.困った時は『カレー』が便利

子どものご飯に悩んでしまったらカレーがお勧めです。

 

編集部
我が家も1週間に1度はカレー作ってます。

 

作り溜め可能。1度にたくさん作れるので冷凍保存がラク。

自分たちもカレーにしてしまえばクレクレ言わなくなります。

 

我が家で使ってるのはこちら

化学調味料無し。甘口で初めてのカレーにピッタリです。最初は「オッ?」みたいな顔されますけど、すぐにパクパク食べてくれます。

カレーライス以外にもチャーハンやスープの味付けに使えます。ラクですよ。

まとめ

同じものばっかりでも食べてくれないよりはマシですけどね・・・。

ご飯食べてくれなくてお悩みなら【1歳児】ご飯を食べないイヤイヤの対処3選【先輩ママの乗り切り方】もご覧下さい。

1人で悩んじゃうと育児ノイローゼまっしぐらなので、ママ友を作って愚痴ながらイヤイヤ期を戦って生きましょう!

ご飯を投げ捨てる子ども
【1歳児】ご飯を食べないイヤイヤの対処3選【先輩ママの乗り切り方】

「好きなものしか食べないし、途中で遊んじゃうし・・・。フォークが使えなくて投げて怒っちゃうし。どうしたらいいの!」   1歳の子どもを育てているママさんの疑問に答えます。 イヤイヤ期ってつら ...

続きを見る

以上、「『1歳児』大人と同じものを食べたがる時の対処法『濃い味注意』」という記事でした。

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-イヤイヤ期の対処法, ご飯を食べない時
-

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.