イヤイヤ期の対処法 ご飯を食べない時

【1歳児】ご飯を食べないイヤイヤの対処3選【先輩ママの乗り切り方】

更新日:

ご飯を投げ捨てる子ども

「好きなものしか食べないし、途中で遊んじゃうし・・・。フォークが使えなくて投げて怒っちゃうし。どうしたらいいの!」

 

1歳の子どもを育てているママさんの疑問に答えます。

イヤイヤ期ってつらいですよね。特にご飯中のイヤイヤは大変!

ご飯はポイっ!途中でどこかに行っちゃいますし、スプーンやフォークで遊び始めます。

あなたもイライラしていませんか?

 

当記事では以下の内容をお話します。

  1. ご飯のイヤイヤは怒っても無駄!汚してOKの準備をする
  2. 食べるのに飽きたら遊ばせる
  3. 無理して全部食べさせなくても大丈夫

 

この記事を書いている私も1歳児のママ。たくさんのイヤイヤと対決しています。

これを見てあなたも『イヤイヤとの優しい付き合い方』を実践しましょう。

SPONSORED LINK

1.ご飯のイヤイヤは怒っても無駄!汚してOKの準備をする

ご飯と椅子

1歳児のイヤイヤに怒ってはダメ。

まだしつけしても覚えられないからです。

しつけって、それがダメな理由を理解してもらって、覚えさせないといけません。1歳だと理由をちゃんと理解できないんですよね。

だから『共感』が大切

 

フォークをポイって投げたら「まだ上手く使えなかったね。」。

ご飯を食べなかったら「美味しく無かったのかな?」。

 

でも・・・床が汚れちゃうのは大変です。

余裕が無いは『コラっ!』って怒っちゃいますよね。

だから汚れても良い準備をしましょう。それだけで心の余裕が全然違うんですよ。

①大きめのブルーシートが2つあると完璧

キャラクター系の小さなブルーシートではなくて、外で使うような大きなブルーシートを用意しましょう。

これを子どもの椅子の下に敷いて終わり!

どれだけ汚されてもブルーシートを掃除するだけで大丈夫です。ブルーシートはお風呂場で水洗いして干せばキレイになります。

子供用の小さなビニールシートだと汚れを全部ガードできません。

テーブルの上からご飯や汁物を落とされるとメチャクチャ飛び散ります。

平気で1m以上飛び散ります・・・。

これなんて厚地で簡単に破れません。防災用にも使えるのでお勧めです。

 

※1歳児がご飯を遊び食べしちゃう理由については1歳児のご飯の食べ方が汚いのは当たり前『理由と注意点を解説』をご覧下さい。汚れるを前提にしてよだれかぶれとか防止が大事ですよ。

口が汚れてる子ども
1歳児のご飯の食べ方が汚いのは当たり前『理由と注意点を解説』

「いっつも子どもの食べ方が汚くてイライラする。ご飯は床に落としちゃうし、お味噌汁はこぼしちゃうし。でも手伝うと怒っちゃうし・・・。どうすればいいの?!」 という疑問にお答えします。   岐阜 ...

続きを見る

SPONSORED LINK

2.食べるのに飽きたら遊ばせよう

男の子
もう食べるのに飽きちゃった!遊びたいよう・・・!

途中で食べるより遊びたくなることってありますよね。

こうなっちゃうと何をしてもダメ。口元にご飯を運んでもイヤイヤされます。

 

「食事に集中させないと終わらない・・・。」

 

こんな時は思い切って遊ばせちゃいましょう。

食事中にテレビをつけたり遊ばせるのは本当は良くありません。でも、1歳の時は別です。

①1歳の集中力は30分続かない

1歳児は好奇心が旺盛。でも、まだまだ脳が発達途中です。

ご飯中でも、

「あっ!あれはなに?!」

「ご飯よりポッポ(トーマス)が見たいな。」

と思って主張します。

でも、自分がしたいことを上手に伝えることができません。親が分かってくれないので怒ります。

これもイヤイヤ期の特徴です。

 

1歳児のご飯を食べる集中力は30分以上続きません。

逆に遊ぶ時間も続きません。子どもが遊んでいる間にご飯を食べていれば、そのうち遊びに飽きて戻ってきます。

②親がご飯を先に食べてしまおう

こんな時は先にご飯を食べちゃいましょう。

自分のご飯を食べながら子どもに食べさせるって大変ですよね。

急いで食べちゃいますし、何を食べてるのか味も分からなくなっちゃいます。

どうせすぐに食べてくれないので、後で食べさせる時間を作りましょう。

3.無理して全部食べさせようとしない

たくさんの野菜

「うちの子、好きなものしか食べないんだけど。栄養とか大丈夫?」

とお悩みのあなたへ。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書には

1歳児の摂取カロリーは男児950kcal。女児900kcal

と記載されています。

参考 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書

 

子ども茶碗1杯のゴハンが168kcalなので、かなりの量だと分かります。

子どもは1度にこんな量を食べられません。

だからおやつで栄養を補給するんですね。

 

好きなものしか食べないのは心配ですけど、ご飯を食べないよりよっぽどマシです。

1歳児は『今日好きだったものが明日イヤイヤになること』も珍しくありません。

 

まずは好きなものを上げましょう。

注意ポイント

ただし、添加物や砂糖を多く使っているものは注意が必要です。特に砂糖は依存性があります。

砂糖を取りすぎている子どもは砂糖を取らないとイライラしてきます。

 

 

脳は3歳まで急激に発達します。脳の栄養素のほとんどは『油分』なので、良質の油を与えて下さい。

エクストラバージンオリーブオイルがお勧めです。

参考講習 食育指導士による食育セミナー

①自分でやりたい欲求を優先してあげる

1歳児は自分でやりたい時に行動します。

ご飯を食べたいと思えばスプーンを持って食べようとしますし、遊びたければ移動します。

その欲求を優先してあげましょう。ご飯が食べたくなれば食卓にやってきます。

「マンマ!」

のように、ご飯を食べたい合図をします。

 

親が食べさせようとする時間にこだわるんじゃなくて、子どもの気持ちを優先した食事スタイルにするとあなたもイライラしなくて済みますよ。

まとめ

イヤイヤ期でイライラするのは親の思い通りにしたいからなんですよね。

身体は大きくなってもまだまだ赤ちゃん。

時間も分からなければ、食べ物が熱いかどうかも分かりません。

怒っても「どうして怒られたのか。」が分かりません。

 

「汚して当然。」

「食べなくて当然。」

 

という気持ちで接してあげるとお互いがラクになりますよ。

SPONSORED LINK

人気記事

赤ちゃんの肌荒れを予防する方法 1

「赤ちゃんの肌荒れを予防したい。赤ちゃん用のスキンケアグッズの選び方はもちろん、何をどうやってスキンケアすれば良いのか。方法やタイミングも全て知りたい。」 というママの疑問にお答えします。 &nbsp ...

赤ちゃんの定番スキンケア 2

「赤ちゃんのスキンケアグッズって物凄くたくさんあるんだけど、定番のものってあるのかな。これを買えば間違いないってヤツ。ランキングで教えて欲しい。」 という疑問にお答えします。   岐阜の育児 ...

-イヤイヤ期の対処法, ご飯を食べない時
-

Copyright© MamaSuki , 2019 All Rights Reserved.